スマホ男
スマホ男

最近Twitterはじめたぞ。@mr_sumahoman

卓球のサーブで下回転を上手にかけるコツや打ち方、練習方法は?

「台の上で戻ってくるような強力な下回転サーブが打ちたい!上手な打ち方やコツってあるの?」

 

下回転サーブはプロ選手の試合でも頻繁に使用されるサーブで、横下回転サーブやフェイクモーションサーブなどあらゆるサーブに応用が効きます。読者の中には、既に下回転サーブを使われている人もたくさんいると思いますが、しっかりと切れた強力な下回転サーブを打てている自信がある人は少ないのではないでしょうか。

 

今回は、そんな下回転サーブの上手な打ち方やコツ、練習方法を動画と共にご紹介していこうと思います。特に初心者の方は、下回転サーブを身につけることで回転を掛けるコツが分かるかと思いますので、その他のサーブのキレも自ずと上がるはずです!

 

卓球初心者の方はまずはこちらから!

卓球のサーブで初心者が上達するコツ3選!練習方法やルール、ダブルスでの打ち方も紹介!
YGサーブ、ジャイロ回転サーブ、王子サーブ(しゃがみこみサーブ)、逆モーションサーブなどなど、卓球には様々な種類のサーブがありますよね。 どれもこれもカッコイイサーブばかりで、自分もスグに使えるようになりたいと言う気持ちは分かりますが...
スポンサーリンク

卓球のサーブで下回転を上手にかけるコツや打ち方は?

下回転サーブをいまよりもっと上手に打ちたい方は、まずはこちらの3つの動作のコツを順番に確認してみましょう。ただ、3つのコツを同時に取り入れるのは難しいですので、ひとつひとつ順丁寧に意識しながら行ってみてください。

 

可能であればいつも行っている下回転サーブを思い出し、こちらで紹介している3つのコツが取り入れられているか確認してみると良いと思います。(素振りでフォームを再確認するのも有効です!)

 

あと、こちらでは体の構造上強力な回転を掛けやすいフォアハンドのサーブのみを紹介しています。「バックハンドで強力な下回転サーブを打ちたい」と言う方は少ないかと思いますが、こちらの記事でバックハンドサーブは紹介していませんので悪しからずです。

卓球 下回転サーブの打ち方のコツ1 ラケットの持ち方

強力な下回転を効率よく掛けるには、ラケットの持ち方が重要になってきます。もちろん打球をする時の持ち方のままサーブを打つことも出来ますが、それだと手首の可動域が制限され、動きが硬くなりがちです。

 

ですが、ラケットの持ち方を少し工夫することで、それらの問題を解消することができます。シェークハンドのサーブの際に使えるオススメの持ち方は、こちらの写真のようなグリップです。(ペンハンドの助言がなくて申し訳ないです・・・)

親指は通常の打球の際と同じように添えるだけですが、中指、薬指、小指はグリップを持たずに握りこぶしにしています。こうすることで、手首が非常にスムーズに動かせますので一度お試しください。(打球の際、必要以上に手首の動きを意識する必要はありません)

ただ、これも向き不向きがありますので、この握り方がどうも打ちにくいと言う人は、こちらの握り方もお試しください。

 

まずフォア面は、親指をグリップ部に水平にしっかりと立てます。ラケットが安定するように持ってください。

一方、バック面は人差し指を伸ばさずにグリップに巻きつけます。しゃもじでご飯をよそう時の持ち方をイメージしていただければと思います。(例えが分かりにくければスミマセン)

私が下回転サーブを打つ際は前者の持ち方を採用していますが、ご自身が持ちやすいと感じた持ち方を採用いただければ問題ありません。

 

ラケットの持ち方にルールはありませんので、色々と微調整してみると良いでしょう。その証拠に世界のティモボル選手なんかはとっても変わった持ち方でYGサーブを繰り出していますよね。

卓球 下回転サーブの打ち方のコツ2 面の角度

次は、面の角度について見ていきましょう。下回転サーブを打つ際は、卓球台と水平(並行)にボールを切るイメージでサーブを打てばキレイに回転がかかります。

 

下回転サーブの回転不足に悩んでいる方の多くが、ボールにラケットが触れる際の角度が立ちすぎています。もちろんラケットが立った状態でも下回転を掛けることは可能ですが、ラケットが立つと叩くようなサーブになってしまうため思いっきり切る(回転をかける)ことができません。

 

ですので、ボールがラケットに当たる際の面の角度は、水平(並行)を意識してスイングしてみてください。スイングフォームは金魚すくいのように、上から斜めに切っていき最後はすくい上げるようなイメージでサーブを打つと良いです。(ラケットがボールに当たる時はなるべく水平に)

卓球 下回転サーブの打ち方のコツ3 打つ位置

最後のコツは、ボールの打つ位置を意識しながらサーブすることです。ここを意識するのとしないのとではサーブの上達に大きな差が生まれます。

 

きちんと意識せずにテキトーにサーブを打球すれば、横下回転になってしまったり、強くタッチしすぎてあらぬところまでボールが飛んで行く原因になります。

 

しっかりとサーブに下回転をかけたいのであれば、ボールの打つ位置は必ずボールの真下です。そこをなるべく水平にラバーでしっかりと引っ掛けます。

しっかりと引っ掛けますが、強くタッチしすぎるとオーバーしてしまうので注意が必要です。(ボールがオーバーするのは力加減が間違っているからではなく、ボールの底を擦れていないからです)

 

もちろん打球はラケットのど真ん中のスウィートスポットを使ってください。エッジ部分だと繊細な微調整が行いづらいです。ボールの真下をしっかりとラバーの真ん中で擦るイメージを頭に浮かべてサーブを打ちましょう。

スポンサーリンク

卓球 下回転サーブの練習方法は?

下回転サーブのコツが分かった方は、回数をこなして練習を行っていきましょう。ちょうどYouTubeに下回転サーブの分かりやすい練習解説動画があったので、そちらをご紹介させていただきます。

 

この動画の練習方法は色々なスクールや学校で取り入れられている方法なので、初心者の頃に練習で行った経験がある方もいるかもしれませんが、それだけ習得効果の高い練習方法と言うことでしょう。

【下回転サーブの練習方法】

  1. 卓球台は使わずに、実際のトスと同じ程度の高さにボールをトスする
     
  2. 斜め上方向にラケットをスイングしてボールを打ち、ボールがラバーに引っ掛かる感覚を掴む
     
  3. 感覚が掴めたら、テーブルで実際に打球する(面の角度は水平)

私も今は社会人卓球をやっていますが、中学生時代の卓球部ではこの練習をやりましたね。なんだかとても懐かしいです。それにしても、この動画のネットのところにあるボール受け結構便利ですね。

スポンサーリンク

下回転サーブの打ち方! まとめ

いかがだったでしょうか?紹介した3つのコツを意識して下回転サーブを行ってみてください。きっと少なからず良い方向に変化があるはずです!

 

コツを意識しながらきちんと練習を続ければコート内でボールが戻ってくるようになりますので、それが行えればもう下回転サーブはバッチリです。あとはショートやミドル、ロングなどの打つ場所(コース)のコントロール性を上げると良いでしょう。

 

私の経験では、バックハンド側への超ロング下回転サーブが結構色んな相手に効きましたね。オーバーギリギリのエンドラインところでバウンドするようなサーブです。ここぞと言うときに使って、逆にプレッシャーで自分が失敗すると言う話は内緒ですがwww

 

使えるサーブが多ければ色々な試合の駆け引きも行いやすくなりますので、他の種類のサーブも覚えてみるのがオススメです。最近ではジャイロ回転サーブが最強だと雑誌などでもよく言われていますね。

卓球 サーブの種類を動画で一覧紹介!最強のサーブはどれ!?
「卓球で新しいサーブを覚えたい!いま使っているサーブの他にどんな種類のサーブがある?」 色々なサーブを自由自在に使う選手は見ているだけでもカッコイイ良いですよね。激しいラリーの末に打ち勝って取る一点も貴重な一点ですが、サービスエースで...

当ブログでは、この他にも卓球に関する記事を複数紹介しています。良ければ併せて参考にしてみてください。

卓球 横回転サーブの出し方のコツ5選!レシーブミスを誘う戦術は?
「横回転サーブを上手に使ってサービスエースを取りたい!横回転サーブの正しい出し方やサーブの戦術にはどんなものがある?」 横回転サーブには単純な横回転の他に、横下回転や逆横回転など色々な種類の横回転サーブがあります。それぞれ試合で大いに...
卓球のルール サーブ編!トスの高さや打ち方によっては違反になるって本当!?
逆横回転サーブやジャイロ回転サーブ、YGサーブや王子サーブ(しゃがみこみサーブ)など、卓球にはカッコイイサーブがたくさんありますよね。中には、習得が難しいサーブもありますが、その練習過程も卓球の楽しさのひとつです。 このように、卓球の...
卓球のレシーブが苦手な人に教えたい3つのコツ!サーブの返球ミスを無くすにはコレ!
「卓球のレシーブが苦手・・・。とにかくサーブを返せるようになるにはどうすればいい?」 サーブのレシーブって本当に難しいですよね。特に、初めて試合を行う相手の場合は、サーブが上手に読めず、そのことが敗因に繋がることも少なくありません。い...

コメント