格安SIMに乗り換える手順を元販売員が全て解説!失敗しないMNP方法はコレ!

パスコードの破り方、遠隔操作、WiFiへの侵入など、今まで誰も教えることができなかったスマホの使い方をご紹介しています。 iPhoneの裏技Androidの裏技

「格安SIMへの乗り換えを検討しているものの、何から手を付けて良いのかわからない!」

 

みなさんの中にも、このような悩みを持っている人が少なくないのではないでしょうか。

 

月額料金を安くしたいものの、サポートが充実していない格安SIMを契約していいものか不安になってしまいますよね。

 

そこで今回は格安SIMに乗り換えるための全手順を、元販売員の私が徹底的にご紹介していこうかと思います。

 

これを全て読めば格安SIMに対する不安も払拭されるはずですので、是非しっかりと乗り換えの流れを覚えて帰ってください!

スポンサーリンク

格安SIMに乗り換える手順!失敗しないMNPの流れは?

失敗しない格安SIMへの乗り換え手順は、このような5つのステップから成り立ちます。

  1. 辞める際に必要な金額を知る
     
  2. 格安SIMの会社を決める
     
  3. 端末を新しく買うかどうか決める
     
  4. MNP予約番号を取得する
     
  5. 格安SIMに申し込む

こうして見ると、難しいところは全然ありませんよね。

 

1つ1つシッカリと確認していけば契約に伴う不安も解消されるかと思いますので、それぞれの内容を詳しく見ていきましょう!

解約金などの辞めるのに必要な金額を確認する!

現在みなさんは、王手キャリア(ドコモ au ソフトバンク)でスマホを利用していることかと思いますが、【解約した際に一体いくらかかるのか】ご存知でしょうか?

 

極端な話、つい最近そのキャリアに乗り換えたと言う人の場合、1台辞めるのに10万円以上のお金が必要になるケースも少なくありません!

 

いくら乗り換え先の格安SIMで維持費が安くなるとは言っても、さすがにそんなに高額な違約金を払っては損をしてしまいますので、しっかりと辞めた時にかかる金額も知っておく必要があります

 

「辞めるのにどれだけのお金がかかるのか?」という内容は、その人その人の契約内容によってバラバラですので、契約先のキャリアに確認してみると良いでしょう。(直接ショップに行っても確認できます)

各キャリアの電話番号は?

  • docomo
    ⇒docomoの携帯電話から:151
    ⇒一般電話から:0120-800-000
     
  • au
    ⇒auの携帯電話から:157
    ⇒一般電話から:0077-7-111
     
  • SoftBank
    ⇒SoftBankの携帯電話から:157
    ⇒一般電話から:0800-919-0157

※電話番号をタップすると電話アプリが起動します。

「私は今月がちょうど更新月だから大丈夫!」と思っている人も居るかもしれませんが、最近は【2年縛りの解約金以外の違約金】もコッソリ契約内容に含まれていることもあるので要注意です!

 

辞める際に必要な料金を確認する際は、必ず下記の3点を確認するようにしましょう。

  • 解約金は発生するか?
     
  • 端末購入サポートの違約金は発生するか?
     
  • 端末の分割代金の残債は残っているか?

うまく確認できるか不安という人は、「格安SIMへ乗り換えを検討しているのですが、乗り換えにかかる費用は総額でいくらになりますか?

と質問すれば、それぞれの費用の内約と、それを合計した総額を教えてくれますので、シッカリとメモにとっておきましょう。

乗り換え先の格安SIM会社を決める!

辞める際の費用に納得できた人は、次に乗り換え先の格安SIM会社を決めていきましょう!

 

電波の関係で【どこの格安SIMでも使える】ということはありませんので、こちらも慎重に決めていく必要があります。

 

とは言っても、何百社もある中から1つ1つ見ていては日が暮れてしまいますので、現在使っているキャリアに合わせたオススメの格安SIM会社をこちらで紹介しています。

 

王手キャリアとの料金の差額に間違いなく驚きますので、是非参考にしてみてください!


 

 


スマホを新しく買うか決める!

契約するSIM会社が決まった人は、スマホ端末を新しく買うか、それともいま使っているものをそのまま使うか決めていきましょう!

 

個人的には、特にいまの端末に不満がない限りは【新しく端末を購入する必要はない】と思います。

 

そもそも、格安SIMに乗り換える目的は月額料金を安くするためですので、ここで余計なお金を使ってしまっては意味がありませんからね。

 

ただし!スマホが故障してしまっている場合や、調子がおかしいと言った場合には、これを機に買い換えるのも良いでしょう。

 

安い機種だと20,000円ほどの金額からSIMとセットで販売されていますので、ご自身の予算の範囲内で買い換えるのもアリですね。

 

なお、多くの格安SIM会社では、取り扱っているスマホがAndroid端末のみと言うところが多いので、SIMとセットでiPhoneがほしいと言う人は申込先に注意してください。

MNP予約番号を取得する!

ここまで決まった人は、次にMNP予約番号を取得しましょう!

 

MNP予約番号とは、いま使っている携帯電話の番号をそのまま他社でも引き継ぐ手続きをするために必要な10桁の番号で、現在契約しているキャリアで発行してもらうことができます

 

ショップに行って店頭で取得しても良いですし、電話で取得することも可能です。

MNP予約番号の取得先は?

※電話番号をタップすると電話アプリが起動します。

MNP予約番号の有効期限は発行日から2週間となっていますので、格安SIMに乗り換える日が決まってから取得すると良いでしょう。

 

ちなみに、MNP予約番号を取得したからと言って、【必ず乗り換えをしなければいけない】ということはありません。

 

途中で気が変わった場合には、そのまま放置していれば今まで通りのプラン・金額で使用することが可能です。

 

もちろん取得にかかる手数料は無料で、取得したからと言って、その時点で解約金などを払う必要はありません。

 

あくまでお金が発生するのは【他社に乗り換えた時】となっています。

格安SIMに申し込む!

これまでの内容が全て決まった人は、いよいよ格安SIMの申し込みです!

 

「これでやっと終わり・・・。」とホッとしている人も居るかもしれませんが、もう少しだけ気を抜かず頑張ってください

 

【ぼーっとしていて契約プランを間違えていた】なんて事態になれば、目も当てられませんからね・・・。

 

契約する格安SIMを選んだ時点でプランは既に決まっていることと思いますので、申し込み前にもう一度「そのプランで問題ないか?」「申し込むプランは間違っていないか?」ということを確認した上で手続きを進めましょう。

 

それぞれのキャリアのオススメの申込先は、こちらで紹介しています。


 

 


スポンサーリンク

格安SIMへの乗り換え方法 まとめ

いかがでしたか?

 

格安SIMは王手キャリアと比較すれば多少面倒なところも多くなっていますが、それ以上のメリットは充分に享受できるサービスとなっています。

 

「わからないから」という理由で諦めてしまうのはとってももったいない選択ですので、節約のためだと割り切って挑戦してみることも大切です。

スポンサーリンク
スマホ男

スマホのグレーな使い方を教えたがる狂気のピエロ。裏技記事を読んでもらうことに喜びを覚え、読まない相手がいると顔の皮を剥いでコレクション化する。
あなたの安全のためにも今スグこの下の裏技記事を読んで機嫌をとってほしい。

iPhoneの裏技集
iPhone 裏技
誰も教えることができなかった、iPhoneの裏技的な使い方をご紹介しましょう。
Androidの裏技集
Android 裏技
誰も教えることができなかった、Androidの裏技的な使い方をご紹介しましょう。
人気No1コンテンツ

黒すぎるスマホの使い方

  • ロックを回避してスマホの中身が見れる
  • アクティベーションも回避可能
  • 危険なバグの使い方も紹介
格安SIM
携帯知恵袋

コメント