CASHアプリの使い方!使ってみた感想とブランド品の買取額は?

TV番組で放送され話題となった『CASH』アプリ。

ブランド品をわずか1分足らずで査定してくれ、その日のうちに入金が完了する即金性から利用者が爆発的に増えているとっても便利なスマホアプリです。

また、メルカリやオークションのように煩わしい説明文などを考える手間もありませんので、そういった意味でも利用しやすいサービスと言えますね。

今回はそんなCASHアプリの買い取り完了までの使い方と、ブランド品を実際に売ってみた感想をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

CASHアプリの使い方は?

CASHアプリの使い方は至ってシンプルで、手元にあるアイテムの写真を撮るだけで査定が完了するとっても簡単な仕様となっています。

インターネットでの買い取りに不慣れな方でも、これならサクサクと進めることができるでしょう。

取引の大まかな流れ

  1. 会員登録
       ↓
  2. 買い取り査定
       ↓
  3. 集荷依頼
       ↓
  4. 荷造り&発送
       ↓
  5. 現金の引き出し

CASHアプリの使い方1 会員登録

まずは、アプリの利用を開始するための会員登録を行う必要があります。

会員登録と言っても1分もあれば終わってしまいますので、そこまで身構える必要はありません。

アプリのダウンロードがお済みでない方は、こちらからどうぞ↓

アプリのインストールが完了すれば、アプリを開いてはじめるをタップします。

スマートフォンの電話番号を入力し、規約に同意してSMSを送るをタップします。

スマートフォンにSMSが届きますので、そちらの認証コードを確認します。

CASHアプリに戻り、先程届いた認証コードを入力します。

認証コードの入力を終えると、自動的にこのような画面になるはずです。

この画面まで来れば会員登録は完了です。とっても簡単でしたね!

スポンサーリンク

CASHアプリの使い方2 買い取り査定

お次は、早速買い取り査定を行ってみましょう。

今回は私が愛用している、BURBERRYの長財布を査定してみたいと思います。

尚、CASHアプリでは何でもかんでも買い取ってくれると言うわけではありませんので、買い取り可能な物を予め知っておくといいでしょう。

CASHで買い取り可能なもの一覧

  • ブランド物の衣服
    →トップス、パンツ、スカート、スーツ、アウター、靴など
     
  • ブランド物の小物
    →財布、バッグ、時計、帽子、など
     
  • スマホやタブレット
    →iPhone、iPad、Xperia、Galaxyなど
     
  • 金券や商品券
    →ギフト券、旅行券、百貨店商品券、QUOカードなど
     
  • 外貨
    →ドル、ポンド、ユーロ、ウォン、元など

ブランド物でない衣服などは買い取り対象外ですので、そういった物はリサイクルショップなどの別の販路で現金化すると良いでしょう。

買い取りしてほしい品物が決まれば、いよいよ査定の開始です!

まずは、画面下側のメニューバーのタブがキャッシュになっていることを確認し、カテゴリ製品名コンディションを選択していきます。

ちなみに、コンディションは衣服の場合には★の3段階評価スマホ・タブレットの場合には★の5段階評価となっていますが、このような評価分けとなっていますので適切なものを選択するようにしてください。

金券や商品券、外貨の場合にはコンディションである★の入力は不要です。

各項目の入力が完了すれば、内容に誤りがないことを確認の上アイテムの撮影へをタップします。

すると、自動的にスマホのカメラが起動されますので、アイテム全体が映るように写真を撮影します。

撮影が完了するとスグに査定結果が表示されますので、買取金額に納得のいった方はいますぐキャッシュにするをタップします。

ちなみに、キャッシュにした後に気が変わってしまっても取り消せますので安心です。

やり方は、一番下のメニューバーにあるアクティビティのタブから該当のデータをタップで選択します。

一番下の項目のキャッシュを取り消すをタップすれば、取り消しは完了です。

CASHアプリの使い方3 集荷依頼

買い取り査定の画面で、今すぐキャッシュにするを選択した方は集荷依頼を行う必要があります。

メニューバーをアクティビティのタブにして、アイテムを送るをタップします。

画面が切り替わりますので、集荷依頼へをタップします。

氏名や住所などの必要事項を入力し、最後に保存するをタップします。

氏名や住所が虚偽のものでないか証明するために運転免許証または保険証などの写真が必要となりますので、そちらを撮影した後、必要事項を入力し提出するをタップします。

本人確認が求められますので、通話認証するをタップします。

050番号から登録時に使用した電話番号に着信がかかりますので、電話に出ます。(相手は人ではなく自動音声)

電話に出た時点で認証が完了しますので、すぐに電話を切っても大丈夫です。

CASHアプリに戻ると、本人確認完了のお知らせが届いているはずです。

自動的に集荷依頼の画面に切り替わりますので集荷先に間違いがないか確認し、希望の集荷日時を選択した上で、集荷を依頼するをタップします。

あとは指定した時間になると、運送会社のヤマト運輸が宛名ラベルを持って集荷に来てくれますので、荷作りをして待ちましょう。

ちなみに、アイテムを5個以上まとめて送るか、査定金額が8,000円以上になれば送料無料になります。

CASHアプリの使い方4 現金を引き出す

商品の発送が完了すれば、最後はいよいよ現金の引き出しです。

キャッシュに計上されている金額を銀行口座へ振り込みましょう。

まずは、メニューバーをウォレットのタブにして、キャシュを引き出すをタップします。

銀行口座などの必要な情報を記入し、申請するをタップすれば売上の引き出し申請は完了です。

引き出し手数料が250円掛かるのは勿体無いですが、早ければ当時中に振込が行われますので即金性で言えば素晴らしいポテンシャルだと言えるでしょう。

CASHアプリを使ってみた感想は?

iPhoneおよびAndroidで使えるアプリケーションですし、査定自体も通常の買取サイトよりもはるかに簡単に行うことができました。

ただ、高額買取を謳っている割には正直大した額では無いと言うのが本音です。

ヤフオクだと中古といえど、1,000円以上で落札されるのが当たり前ですしね・・・。

また、仮に今回のように単品で1,000円の査定金額だったとしても、運営会社までの送料+引き出し手数料の250円を払えば赤字になりますので、複数の販売物があり、状態も新品同様の品でなければ中々高額な買い取りは難しいんじゃないかと思います。

とは言っても、やはりわずか1分ほどで査定が完了する利便性はスゴイので、試しに手元にあるブランド品などを査定してみてもいいかもしれませんね。

ちなみに、ネットでは「怪しい」「危険」「振り込まれない」などの評判の悪い書き込みも多いですが、そういった問題は一切ありませんでした。

そういった問題の多くはテレビで取り上げられてアクセスが集中したことによって、サイトに接続できなくなった問題から来ているものだと考えられますので、今では改善されていて当然でしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする