年賀状をやめる文例と挨拶のタイミング!メールやラインでもいいの?

「今年から年賀状を辞めようと思うんだけど、相手にはなんと伝えればいい?」

年賀状は日本に古くからある伝統行事ですが、いろいろな都合で年賀状のやりとりを辞めてしまいたいと考えている人も少なくないことでしょう。

もちろん、必ず送らなければいけないルールなどは存在しませんので、やる・やらないは個人の自由です。

ただし、年賀状を辞めるにしても辞め方というものがありますので、最後までキッチリと最低限のマナーは守りましょう。

今回はそんな年賀状をやめる際に使える文例と、辞めると伝える挨拶のタイミング・伝え方についてご紹介していきたいと思います。

参考記事>年賀状を出さない理由ランキングTOP8!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年賀状をやめる文例は?

いくら今年から年賀状を送らないと決めても、それをキッチリと相手に伝えなければ相手方はこれまでと同じ様に年賀状を送ってくることでしょう。

何も伝えないまま年賀状を出さないと、何か粗相をしてしまったと相手を不安にさせたり、不幸事が起こったと思わせてしまいますので注意が必要です。

しかし、こういったことはなかなか相手には伝えづらいですよね。

特に、目上の人であったり、中途半端に付き合いのある親族などには「今年から年賀状を辞めます」とハッキリ言いづらいもの。

そう言った人は、事前に年賀状を出さない旨を伝えるお手紙などを出しておくと良いでしょう。

内容はこのような感じのもので問題ありません。(オリジナル文章ですのでご自由にお使いください ※ブログ・サイトへの転載除く)

年賀状をやめる文例

日増しに寒さが身にしみる季節になりましたが、お元気にお過ごしでしょうか。

日ごろは、ご無沙汰ばかりでまことに申しわけございません。

今年から、どなた様へも年賀状による新年のご挨拶はお送りしないことにしました。

何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

また、今後はお電話やメールにてお付き合いさせていただければ幸いです。

本格的な寒さに向かう時節、風邪など召されませぬようご自愛ください。

このようなお手紙を事前にお送りしておけば、相手方も年賀状を送ってくることはないでしょう。

ただし、理想的な年賀状の辞め方としては、多少面倒でも今年は年賀状を送り、その年賀状の最後に「年賀状はこれをもって、どなた様へも今年で最後とします。」と一言添えるのが望ましいです。

そして、手紙で事前に送るにしても年賀状に書き添えるにしても、「誰に対しても今後は年賀状を送りません」という意思は必ず示してください。

この記載がなければ、「何か良くないことをして距離を取られた」と相手に思わせてしまう可能性があるので注意が必要です。

年賀状をやめる挨拶のタイミングは?

年賀状をやめることを伝えるお手紙は、いつ出しても良いというわけではありません。

早すぎれば縁切りの意味合いが強くなってしまいますし、遅すぎても相手が年賀状を作り終えてしまいます。

そのことを考慮すれば、11月中旬~11下旬にお送りするのが最も適していると言えるでしょう。

最悪、12月初旬頃でも間に合うとは思いますが、あまり遅れるようでしたら今年は年賀状を作成し、そこに今年で最後にする旨を書き添えるのが望ましいです。

ちなみに、年賀はがきや年賀切手が販売開始になるのは毎年11月1日前後となっているため、何をするにも準備の早い人だと12月に入る前に年賀状を作り終えていることも考えられます。

そういった方と年賀状のやり取りをされている方は、その方だけは特別早めにお手紙を送付しても良いでしょう。

スポンサーリンク

年賀状をやめる伝え方はメールやラインでもいいの?

年賀状をやめることを伝える方法は既にご紹介した通り、「事前のお手紙」か「年賀状への添え書き」が一般的ですが、中にはメールやラインで済ませたい人も居ることでしょう。

もちろん、新年の挨拶もLINEで済ます時代ですので、そういうことを理解されている人であれば問題ないと思いますが、さすがに目上の人や親族には控えたほうが良いでしょう。

メールやラインでも済ませられる相手は?

  • 仲の良い友達
  • 会社の後輩
  • 自分の両親
    など…

礼儀作法を重視する人かどうかは、見た目だけでは分かりませんので、可能であれば全ての人に対してお手紙や年賀状への書き添えで対応するのが望ましいです。

なかなか時間がとれず難しいと言う人も居るかもしれませんが、ちょっとした粗相で信頼関係は簡単に崩れるものですので、そこは大人のマナーを持って対応するようにしましょう。

年賀状をやめる文例 まとめ

いかがでしたか?

年賀状をやめたいキッカケは人それぞれですが、場合によっては相手にも喜ばれることもありますので、無理に続けるくらいであればキッパリと辞めてしまうのも良い判断だと思います。

挨拶文の文面もそれほど難しいものではありませんので、時間のあるときにでもやめる宣言をする準備に取り掛かってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする