年賀状にボールペンは失礼?修正液で消すのはアリ?おすすめペンは?

皆さんはお正月に送る年賀状を作る際、どのようなペンを使って宛名書きを行いますか?

多くの方が手描きではなくプリンターを用いたり、毛筆を使うということが一般的かと思いますが、中にはボールペンで出している人も少なくありませんよね。

ボールペンは普段から使い慣れたペンですし、手軽に書けてしまうので、ついつい多様してしまいますが、果たして年賀状に使っても問題ないのでしょうか?

今回はそんな年賀状の正しい書き方についてご紹介していきたいと思います。

関連記事>年賀状の住所の横書きは失礼?数字や敬称の正しい書き方は?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年賀状にボールペンは失礼にあたる?

読者の方の中にも、毎年ボールペンで年賀状を書いて送っていると言う人も居るかもしれませんが、基本的にボールペンで年賀状作成を行うのは良くないこととされています。

ボールペンは本来事務用品ですので、感謝と新年の挨拶を兼ねて気持ちを伝える年賀状には相応しくありません。

また、ボールペンだとどうしても細く弱々しい文字になってしまいますので、お祝いごとである新年には太く力強い文字が書ける毛筆が推奨されます。

もちろん、ボールペンで年賀状を書くこと自体が悪いという訳ではないものの、目上の人や取引先に出す年賀状には、大人のマナーとして毛筆を用いるのが望ましいでしょう。

そうは言っても、どうしても毛筆で書くことに慣れていない人も居ることでしょう。

ただでさえ年末年始は忙しいので、年賀状ばかりに時間を割いていられないという気持ちも充分にわかります。

そういった方は、自宅やコンビニのプリンターで印刷できるスマホアプリを使うのがおすすめです。

簡単に宛名書きを済ますには?

年賀状の間違いを修正液で消すのはアリ?

ボールペンに限った話ではありませんが、年賀状の間違いを修正液で消すのは完全にマナー違反です。

もちろん、修正液や修正テープがダメと言うわけではなく、書き損じたものを送ること自体がNGですので、当然二重線での修正などもいけません。

手描きである以上書き間違いは必ず発生してしまうものなので、それは仕方ないことと割り切って新しい年賀状で書き直しましょう。

予備知識

  • 書き損じて修正したものを送ることがNGなのは、年賀状だけでなく、喪中葉書やお祝い・お悔やみの手紙の場合も同様です。

ちなみに、書き損じた年賀はがきは1枚5円の手数料を払うことで、郵便局で新品のはがきと交換が可能です。

これは、書き損じた年賀はがきに限った話ではなく、使用しないまま余ってしまった年賀はがきや年賀切手であっても交換が可能ですので、覚えておくと良いでしょう。

なお、裏技的な方法として、お年玉付きの年賀はがきを書き損じてしまった場合、それが当選していれば当選商品受け取り後に交換を行うことも可能となっています。

参考記事>年賀状の切手は交換できる?手数料はいくら?交換期限はいつまで?

スポンサーリンク

年賀状におすすめのペンは?

先にもお伝えしたとおり、年賀状で用いるペンは毛筆が最も理想的となっていますが、他にも年賀状で使えるペンは複数ありますのでこちらでご紹介しておきます。

なお、年賀状を毎年キレイに書けないと言う人は、名前や住所、文字の大きさがバランスよく書ける専用のテンプレートを用いると良いでしょう。

年賀状のおすすめペン1 毛筆

年賀状のペン選びに迷った方は、毛筆を選択しておけば間違いありません

力の強弱で先の太さやハライ・ハネなどを美しく表現できるものとなっており、今後のためにも使えるようになっておいて損はありません。

ただし、初心者のうちは思ったようにキレイに書けないことも多いですが、あえて大げさに強弱を付けて、ヘタウマな文字を書いてみるのも味があって良いでしょう。

スポンサーリンク

年賀状のおすすめペン2 筆ペン

筆ペンは毛筆よりも比較的簡単に、ハライ・トメなどの強弱のつけやすいペンとなっています。

穂先の太さも色々なサイズが用意されていますが、初心者のうちはなるべく細いものを選ぶようにすると上達するのも早いです。

いきなり毛筆を使う自信がない方は、筆ペンから使い始めると良いでしょう。

年賀状のおすすめペン3 サインペン

年賀状を書く際に、意外と愛用している人が多いのがサインペンです。

芯先がしっかりとしているため初心者でも戸惑うことなく文字が書けますし、何より普段から使い慣れたものですので安心感が違います。

変に緊張して力が入りすぎることもありませんので、書き損じが最も少ないペンとなることでしょう。

年賀状のおすすめペン4 万年筆

万年筆はボールペンのように細い線しか書けない、と思っている人も居るかもしれませんが、実はいろいろな線の太さを調節しながら書くことが可能です。

会社のお偉いさん方や、年配の方に愛用者が多く、特に「ブロード」と呼ばれるペン先の万年筆が宛名書きには人気となっています。

他のペンに比べ値段もピンキリとなっていますが、一度慣れてしまえば筆圧が不要な分、疲れずに書き進められますので、この機会に万年筆デビューしてみるのも良いかもしれませんね。

年賀状にボールペンをおすすめしない訳 まとめ

いかがだったでしょうか?

ボールペンで年賀状を書くのは礼儀作法的に良くありませんでしたが、全てプリンター印刷で済ますのも味気ないですよね。

いきなり宛名書きを不慣れなペンで行う必要はないものの、新年の挨拶の一言くらいは筆ペンなどで書き添えると、それなりに心の籠もった年賀状となることでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする