「vivo X20/vivo X20 Plus」が中国メーカーBBKから販売開始!

パスコードの破り方、遠隔操作、WiFiへの侵入など、今まで誰も教えることができなかったスマホの使い方をご紹介しています。 iPhoneの裏技Androidの裏技

中国メーカーBBK(歩歩高)が発表を行っていた「vivo X20/vivo X20 Plus」が2017年9月30日に販売を開始しました。

スポンサーリンク

スペック・仕様

18:9の縦長の画面にはスーパーAMOLEDディスプレイが搭載され、1080×2160の画素数が実現しています。

 

背面にはデュアルカメラ(12MP+5MP,f/1.8)が取り入れられています。最近では徐々に、デュアルカメラの真新しさも薄れてきましたね。

 

そして、ボディの下には2.2GHzのオクタコアCPUが搭載されています。内容はQualcomm製の上位ミッドレンジに当たるSnapdragon660となっており、処理性能はそこそこの期待が持てそうです。

 

その他の仕様については

  • Android7.1.1
  • 4G VoLTE
  • Wi-Fi 802.11 AC
  • Bluetooth5.0
  • GPS
  • 指紋認証
  • 生体認証
  • SDスロット

などなど、この辺りは至って一般的です。

 

気がかりなのが充電ポートがmicroUSB2.0だと言うこと。もはや現行の各企業のフラッグシップモデルであれば、タイプCが当たり前となっているにも関わらず、何故microUSBを採用したのか疑問が残ります。

 

スポンサーリンク

日本国内での販売

現状は日本国内で販売は行われておらず、海外のオークションサイトである淘宝網(タオバオ)などでの販売が確認できます。

 

価格は各サイトで若干のバラつきはあるものの、現地価格でCNY2,998または$450に設定されおり、日本円でおよそ50,000円になります。

 

中国企業としてはかなり強気の価格設定だと言えるでしょう。中国といえば比較的低価格なモデルが多いHuaweiが有名ですが、現在は価格帯の違いで住み分けているとも言えます。

 

この価格帯の販売を続けることが出来るのか、今後の展開も面白そうです。

スポンサーリンク
スマホ男

スマホのグレーな使い方を教えたがる狂気のピエロ。裏技記事を読んでもらうことに喜びを覚え、読まない相手がいると顔の皮を剥いでコレクション化する。
あなたの安全のためにも今スグこの下の裏技記事を読んで機嫌をとってほしい。

iPhoneの裏技集
iPhone 裏技
誰も教えることができなかった、iPhoneの裏技的な使い方をご紹介しましょう。
Androidの裏技集
Android 裏技
誰も教えることができなかった、Androidの裏技的な使い方をご紹介しましょう。
人気No1コンテンツ

黒すぎるスマホの使い方

  • ロックを破って中身が見れる
  • アクティベーションも回避可能
  • 危険なバグの使い方も紹介
スマホニュース
携帯知恵袋

コメント