ハワイで「道路横断中の歩きスマホ」が違法行為に!旅行者は要注意!!

パスコードの破り方、遠隔操作、WiFiへの侵入など、今まで誰も教えることができなかったスマホの使い方をご紹介しています。 iPhoneの裏技Androidの裏技

最近では歩きスマホが増加しており、駅のホームでも注意喚起が流れるほど大きな問題となっていますね。

 

これは日本に留まった話ではなく、スマートフォンが普及している全世界で起こっている問題と言えます。

 

そんな中、海外の旅行先ランキングに必ず名を連ねるハワイのホノルルで「道路横断中の歩きスマホ禁止」と言う法案が可決されました。

 

スポンサーリンク

「歩きスマホ」が違法行為に

法律が施行されるのは2017年10月25日以降となっており、旅行者は特に注意が必要と言えます。

 

現地に行って法を犯してしまえば、知らなかったでは通りません。

 

違反して警察に捕まってしまった場合には、罰金を払う必要も出てきます。金額は$15~$99(1,600円~11,000円)とかなり幅が広くなっています。

 

どのような基準で罰金額が決まるのかは確認できておりませんが、せっかくの旅の途中に警察のお世話になるのは避けたいところです。

 

しかし、この法律にも例外が認められており、緊急時であれば例外的に使用が認められているます。

 

例えば、事故に遭ってしまった場合や、犯罪を見付けて通報する場合などは緊急ですので例外となるようです。

 

可決されたこちらの法律は、あくまでも「道路横断中」の歩きスマホを禁止しているものですので、横断時以外であれば違法行為に該当しません。

 

誤認の無いようご注意ください。

 

スポンサーリンク

スマホ以外も違反対象に

今回の法案で可決された対象デバイスは、スマートフォンだけではありません。

 

タブレットやデジタルカメラ、ノートパソコン、ゲーム機器なども違反対象として位置づけられています。

 

ゲーム機器まで対象に入ると、ドローンの操作をしての道路横断は禁止になるのか?などの線引が不透明と言えますが、危険が想定されるデバイスは禁止と言うことでしょう。

 

加害者・被害者共に、どちらにもなる可能性が低くなる今回の法案可決は、賛成派の意見が多いのではないでしょうか。

 

スマートフォンの利用マナーをいくら指摘しても直そうともしない人が居るのも実情ですので、法の力で安全を確保すると言うやり方に、個人的には賛成です。

 

スマートフォンの利用マナーが悪化の一途を辿れば、日本でも同じような法案が可決される日が来るかもしれません。

スポンサーリンク
スマホ男

スマホのグレーな使い方を教えたがる狂気のピエロ。裏技記事を読んでもらうことに喜びを覚え、読まない相手がいると顔の皮を剥いでコレクション化する。
あなたの安全のためにも今スグこの下の裏技記事を読んで機嫌をとってほしい。

iPhoneの裏技集
iPhone 裏技
誰も教えることができなかった、iPhoneの裏技的な使い方をご紹介しましょう。
Androidの裏技集
Android 裏技
誰も教えることができなかった、Androidの裏技的な使い方をご紹介しましょう。
人気No1コンテンツ

黒すぎるスマホの使い方

  • ロックを破って中身が見れる
  • アクティベーションも回避可能
  • 危険なバグの使い方も紹介
スマホニュース
携帯知恵袋

コメント