IMEIの書き換え方法!root化せずにツールアプリのみで変更するやり方は?

ガラケーだろうとスマホだろうと、携帯電話であれば必ず個別にIMEIと言う名前の端末識別番号が存在しますが、訳あってそれを変更したいと言う方もいることでしょう。

 

こちらでは、そんなIMEIを書き換える方法を画像と共にご紹介していこうかと思います。

 

rom書きの工程でIMEIが飛んでしまったと言う人も、同じ手順でIMEIの書き込みが可能ですので参考にしていただければ幸いです。

 

尚、今回はAndroidスマホでの手順を紹介していますので、iOS(iPhone)をお使いの方はコチラをどうぞ↓

iPhoneのIMEIを書き換える方法!ツールで簡単に変更する方法とは?
IMEIとは皆さんご存知の通り、端末を個別に識別するための製造番号のことなのですが、通常これを書き換えたり変更することはできなくなっています。 ここの変更が行えるようになってしまうと識別と言う目的が果たせなくなってしまうので、簡単...

IMEIの書き換え方法!root化が不要なやり方は?

IMEIを書き換える方法はいくつかあるものの、今回は最も簡単に書き換えが完了する方法をご紹介していきたいと思います。

 

尚、キャリア(au ドコモ ソフトバンク ワイモバイル)の見解としては、IMEIの書き換え自体は契約違反に該当しません。

 

また、英国(イギリス)などとは違い、日本では現状IMEIの書き換え自体は違法行為だとみなされていないそうです。

 

さすがに制限が掛かった赤ロムに白ロムのIMEIを書き込んで販売するなどと言う行為は犯罪になると思いますが、自身の管理する端末であれば問題ないでしょう。

 

いずれにしても、何が起ころうと全て自己責任でお願いします。

IMEIの書き換え方法1 現在のIMEIの確認

IMEIの書き換えを始める前に、必ず現在のIMEIをメモ帳などにコピーしておくようにしましょう。

 

私のようにテスト的にIMEIを変更してみたい人も居るかと思いますが、後から元のIMEIが分からない自体になっては大変です。

 

最悪、スマホが入っていたケースや本体裏側の印字を見れば確認できるのですが、念のためと言うことで現在のIMEIは必ず控えることをオススメします。

 

現在のIMEIを確認するには、プリインストールされている電話アプリで「*#06#」と入力すればスグに表示されます。

 

IMEI番号と共に、IMEI値のバーコード情報も確認できますね。(特定防止のためバーコードは一部黒塗りしています)

ちなみに、「設定>端末情報>機器の状態>IMEI情報」と言う手順の調べ方でも同じ様に確認が可能ですので、お好きな手順で確認し、IMEIの番号をお控えください。

IMEIの書き換え方法2 MTK Engineering Modeに入る

MTK Engineering Modeは、モバイルデータ通信(3G 4G LTE 5G)の周波数を調べる際に利用されることの多いモードですが、使い方次第ではIMEIの変更もここから行うことが可能です。

 

MTK Engineering Modeに入るためには、プリインストールされている電話アプリで「*#*#3646633#*#*」と入力します。

 

このような画面になればMTK Engineering Modeに入っていますので、次の手順に移りましょう。

使っているスマートフォンのメーカーによっては、電話アプリで「*#*#3646633#*#*」を入力しても何も起きない場合もあります。

 

そう言った場合にはこちらのアプリをインストールして開いていただくと、同じ様にMTK Engineering Modeに入ることが可能です↓

MTK Engineering Mode
MTK Engineering Mode
Developer: TheMonster
Price: Free

IMEIの書き換え方法3 IMEIの変更

これで準備はOKです。ここからはいよいよIMEIの変更・書き込みを行っていきましょう。

 

先程のMTK Engineering Modeの画面で、ConnectivityのタブにしてCDS Informationをタップします。

 

Radio Informationをタップします。

 

SIMのスロットが二つある端末の場合にはPhoneと言う項目がふたつ表示されるかと思いますので、この後の作業はPhone1・Phone2の両方で行ってください。

 

今回は先にPhone1をタップして作業を進めます。

 

すると、このような画面が表示され、一番上の項目には現在のIMEIが表示されているはずです。

IMEIが飛んでしまった人は、IMEIの部分がunknownと表示されるはずです。

 

unknown表示の人もこれから紹介する手順で書き込みを行えば、きちんとIMEIが表示されるようになりますのでご安心ください。

 

次に、一番上のAT+と言う部分をタップします。

 

すると、文字の入力が行えるようになりますので「AT+E」と言う形になるように入力し、自動表示される候補一覧の中からAT+EGMR=1,7,””をタップします。(Phone2で進めている方はAT+EGMR=1,10,””をタップ)

こちらは別に候補一覧から入力せずとも、「AT +EGMR=1,7,””」と手入力で打っていっても良いのですが、半角スペースやクォーテーションなどがややこしくなると思いますので、なるべく自動表示される候補一覧から選択するようにすると良いでしょう。

 

続いて、入力した「AT +EGMR=1,7,””」のクォーテーションの間に変更したいIMEIの数字を打ち込んでいきます。

 

今回はIMEIのナンバーを「01234567899999」としますので、「AT +EGMR=1,7,’01234567899999”’」と入力します。

IMEIは通常「35~」と数字で構成されていますので、ここはお好みに合わせて好きな数字を入力してください。

 

入力が完了したら、SEND AT COMMANDをタップします。

 

最後に端末を再起動すれば、IMEIの変更は完了です。お疲れ様でした!

IMEIの書き換え方法4 IMEIの確認

念の為、最終確認としてIMEIがきちんと変更されているかチェックしておきましょう。

 

手順は最初にご紹介した方法と同じ様に、プリインストールされている電話アプリで「*#06#」と入力するか、「設定>端末情報>機器の状態>IMEI情報」からお進みください。

 

このように、取得されたIMEIがキチンとが変更されていれば作業は終了です。

端末によってはご紹介した手順でも上手く変更できないこともありますが、そういった場合には再度同じ手順で進めると変更されたことも何度かありました。

 

何らかの不具合が発生しているのか分かりませんが、IMEIの変更・書き込みに失敗したと言う人は、もう一度挑戦してみると良いでしょう。

IMEIの変更方法 まとめ

いかがだったでしょうか?

 

PCなどで難しいソフトウェアなどを使わなくとも、標準装備で備わっているMTK Engineering Modeのツールアプリで変更できるのは非常に便利ですよね。

 

オークションでもスマホやタブレットなどの端末が取引されることも非常に多いですが、その製造番号は本当にその端末のものなのか注意する必要があると言うこともご理解いただけたことと思います。

 

台湾や中国に出回っている所謂中華スマホだと、もともとIMEIが入っていないものや、複数の端末に同じIMEIが入っているということも日常茶飯事なようです。

 

日本だとそういうことは滅多にありませんが、そういう偽装も行えると言うことを知識として持っておいても損はないでしょう。

 

当ブログでは、これらの記事も人気です!

WiFiのパスワード解析アプリ『WPS WPA TESTER』の使い方は?
「WPS WPA TESTERをダウンロードしたんだけどイマイチ使い方が分からない、これってどうやって使うの?」 『WPS WPA TESTER』はWiFiのパスワード解析が行える、非常に便利なアプリケーションです。 ただ、...
スマホを遠隔操作してカメラ撮影を行う方法!PCからも操作可能なアプリはコレ!
「知らず知らずのうちにスマートフォンが遠隔操作されていた。カメラも遠隔で起動され、プライベートな写真が流出してしまった・・・。」 TVのニュース番組でも取り上げられる内容となっていますが、自分は関係無いと対岸の火事のように思ってい...

毎月ムダなお金を払っていませんか?

 

毎月のスマホ代やネット代が高いと感じている人は、自分に合った適切な固定回線の選び方ができていない可能性が大です。

 

スマホ代やネット代は少しの見直しで年間数万円~数十万円も節約が可能ですので、今スグ見直すことをおすすめします。

 

嘘だと思うなら、そのまま払わなくてもいいお金を払い続けてください。

 

でも、本気で節約したいと思っているなら、固定回線の見直しをするだけでも驚くほどのお金が毎月浮いてきますよ。

 

元販売員の私が言うんだから間違いありません。

 

どれくらい安くなるのか知りたい人は『光回線の最安比較』をご覧くださいっ。

その他携帯知識携帯関連
スマホ男をフォローする
携帯知恵袋

コメント

  1. (´(ェ)`)くまじろう より:

    こんにちわ。勉強になる記事ありがとうございました。
    IMEI偽装したままでいることのデメリットって何でしょうか。
    例えばメーカーのシステムアップデートの配信対象は、IMEIを照合して最適なファイルをダウンロードさせてると思うのですが、IMEI変わってるとアップデート受けられなかったりするんでしょうか。

    • xs781228 より:

      くまじろうさんこんにちは。
      ブログ記事をお読みいただき、嬉しい限りです。

      IMEIを偽装したままのデメリットは、やはり【販売・下取りできない】というところが大きいかと思います。
      もちろん、元に戻せばいいだけですのでそれほど大きなデメリットではありませんが、もしも戻し忘れたまま出してしまうと、その後に戻したとしても「内部ソフトを改ざんしているのであれば買い取り(下取り)できません。」と言われてしまうショップが結構あります。

      そして、くまじろうさんが気にされているアップデートの問題ですが、こちらは問題なくアップデートが可能です。
      なぜなら、今回ご紹介しているのはあくまでスマホ本体の「表示」を変えただけですので、キャリアやメーカー側から見れば何も変わっていないからです。
      登録情報ではなく「表示」だけを変更するものですので、そこは誤認のないようご注意ください。

  2. TK より:

    こんにちは。記事読まさせていただきました。

    今回紹介されていた方法ではMTKデバイスではない国産スマホ(Xperia等)のIMEI書き換えができませんが、国産スマホでもIMEI書き換えが可能な方法はあるのでしょうか?

    • xs781228 より:

      TKさんこんにちは。
      当ブログへのコメント、誠にありがとうございます。
      国産スマホでもIMEI書き換えが可能な方法はあります。
      ただし、私の知る方法ではPCが必要になってくるので、正直面倒ではあります。
      時間が許せば、そちらのやり方も追々ご紹介していこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました