WiFiのパスワード解析アプリ『WPS WPA TESTER』の使い方は?

「WPS WPA TESTERをダウンロードしたんだけどイマイチ使い方が分からない、これってどうやって使うの?」

『WPS WPA TESTER』はWiFiのパスワードを解析する、セキュリティ確認の便利なアプリケーションですが、言語が英語で使い方が分かりづらいですよね。

こちらでは、そんな『WPS WPA TESTER』アプリの使い方を画像キャプチャと共にご紹介していますので、是非参考にお使いください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

WiFiのパスワード解析アプリの使い方は?

それでは早速、『WPS WPA TESTER』の使い方を見ていきましょう!

尚、こちらのアプリはAndroidスマホ専用アプリケーションとなっていますので、iPhoneなどのiOS端末をお使いの方は残念ながら利用することができません。

iPhoneやiPadでパスワード解読を行いたい方はこちらをどうぞ(無料アプリです)↓

また、既にご存知だと思いますが、他人の無線LANへ無断で侵入することは不正アクセス禁止法と言う法律で禁止されていますので、絶対に行わないようにしてください。

こちらのアプリはあくまでも、自身が管理するWi-Fiのセキュリティを確認するためのアプリケーションとなっています。

アプリのインストールがお済みでない方はこちらからどうぞ↓

WIFI WPS WPA TESTER
WIFI WPS WPA TESTER
Developer: Sangiorgi Srl
Price: Free

パスワードを解析するには、まずはステータスバーや本体設定からWi-Fiをオンにします。

Wi-Fiはどこかのアクセスポイントに接続済みでも、未接続でもどちらでも構いません。

次に、インストールしたWPS WPA TESTERをタップで開きます。

位置情報へのアクセス許可を問われますので、許可をタップします。

ポップアップが表示されますので、AGREEをタップします。(それぞれのボタンの意味は写真を参照してください)

ちなみにこの英文は、「このアプリはルーターの脆弱性をテストするために作られました。このアプリを使って悪用はしないでね。」と言うことが書かれています。

画面上部の矢印アイコンをタップします。

ハッキングテストを行いたいSSIDをタップします。(必ず自分が管理しているSSIDを選択すること)

こちらの画像では緑と黄色のアイコンがありますが、環境によっては赤色のアイコンが表示されることもあると思います。

これはアクセスポイントのセキュリティの強さを表しており、色によって簡単に脆弱性を確認することが可能になっています。

色による違いは?

  • 赤色:強固なセキュリティ
    (簡単にハッキングできます)
     
  • 黄色:緑色よりは脆弱なセキュリティ
    (ハッキングは少し複雑です)
     
  • 緑色:脆弱性なセキュリティ
    (ハッキングできません)

自身のアクセスポイントが黄色や赤色であれば第三者の侵入の可能性は低いと言えますが、緑色であればルーターの買い替えを検討したほうが良いでしょう。

次に、New MethodNo Rootのボタンにチェックマークを付け、CONNECT AUTOMATIC PINをタップします。(端末をroot化している方はRootのボタンにチェックを付ける)

ちなみに、Old MethodNew Methodとは攻撃方法のことです。明記がないため、古い攻撃と新しい攻撃がそれぞれどのような攻撃を差すのかは分かりません。

パスワードの解析にはしばらく時間がかかりますので、100%になるまで待ちましょう。

親機との距離や電波の兼ね合いで解読時間は変動すると思いますが、私の場合は1分ほどで終わりました。

パスワード(暗号化キー)が表示されハッキングテストは終了です。お疲れ様でした!

各ボタンの意味はこのようになっていますので、必要に合わせて操作すると良いでしょう。

ちなみに、家に引いてある別回線の別ルーターは鍵アイコンが黄色でしたが、ハッキングテストでパスワードを解析することはできませんでした。

解析自体は行われるのですが、100%で止まったまま一向にパスワードが表示されません。

黄色のアイコンでもパスワードを解析できることもあるのかもしれませんが、回線やルーターが2個しかありませんので、今回の検証はここまでにしておきます。

WiFiのハッキングアプリは他にもありますので、良ければ併せてテストをお試しください↓

「Wi-Fiのパスワードを解析できるアプリがあるって聞いたんだけど本当!?無料で使えるの?」 一家に一台のルーターがあるのが当たり...

WiFiのハッキングを対策・防止するには?

WindowsやMACのPCソフトを用いずとも、スマホアプリひとつで簡単にパスワードを解析することができましたね。

ですが、中にはこう言ったハッキング(クラッキング)アプリを悪用して、ネットワーク内に侵入を試みる悪意あるユーザーも少なくありません。

事前に防止できることは防止して、被害をできるだけ最小限に留めるようにすると良いでしょう。

Wi-Fiのハッキング対策については、こちらで詳しく紹介しているので参考にしてみてください↓

今や一家にひとつのWiFiスポットがあるのが当たり前になったこの時代。スマホからもPCからもネットへ無線接続できる手軽さは、有線接続では...

ちなみに、Wi-Fiのパスワード(暗号化キー)が設定されていないアクセスポイントがあったとして、そこに無断にアクセスしても、それは違法行為には該当しません。

それは言わば、FreeWiFiのような環境ということですので、現状の法律では逮捕や罰金に繋がらないと定められています。まぁ自宅のWi-Fiをそのような環境で使っている人は居ないと思いますが・・・。

スポンサーリンク

WiFiのハッキングアプリ紹介 まとめ

いかがだったでしょうか?

言語が英語と言うことと、広告がやたら表示される点を除けば、非常に優秀なアプリケーションでしたね。有料ではなく無料提供と言うところもグッドです!

今回使用したアプリでは脆弱性のあるネットワークへ侵入するのが限度でしたが、パソコンを使って侵入を試みれば、どのような暗号化方式をとっていたとしても現状はほぼ侵入が行えてしまいます。

被害に遭ってから泣きをみないためにも、対策は今のうちにしっかりと行っておくことをオススメします。

当ブログでは他のハッキング記事も人気です。良ければ併せてお読みください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする