iPhoneのアプリを個別ロックする2つの方法!特定のアプリを制限するやり方は?

「iPhoneのアプリを個別にロックしたい!特定のアプリだけ制限することってできないの?」

 

iPhoneには便利な機能がたくさん備わっているものの、個別にアプリのロックができないから不便だと感じている人はいませんか?

 

知らない人も多いんですが、実はアプリの個別ロックは本体設定から簡単に行えてしまうんです!

 

今回はそんなアプリを個別ロックする2つの設定方法を見ていきたいと思います。

 

外部アプリのインストールなども必要ありませんので、是非この機会にサクッと個別ロックの設定を済ませてしまいましょう!

スポンサーリンク

iPhoneのアプリを個別ロックする2つの方法とは?

それでは早速、iPhoneのアプリを個別にロックする2つの方法をご紹介していきたいと思います。

 

いずれの方法でも個別ロックを行うことは可能ですが、ロック時に行える動作やロック状態が異なりますのでお好みのほうをお使いください。

 

また、子供が使うiPhoneにロックをかけると言う方は、ついでに時間制限も行える環境にしておくとスマホの使いすぎを防止できますよ!

iPhoneの時間制限アプリ3選!子供の使い過ぎを管理するオススメ無料アプリは?
「子供のスマホの使いすぎに困っている!iPhoneの時間制限が出来る無料アプリってある?」 こういった悩みを持つ親御さんは日本全国に居ることと思います。 iPhoneの本体機能でサクッと設定できれば良いのですが、残念ながら現...

アプリロックのおすすめ方法1 ペアレンタルコントロール

まずは、本体機能のペアレンタルコントロールを使ったアプリロックの方法からご紹介していきたいと思います。

 

ペアレンタルコントロールは主に子供が使うiPhoneを制限するための機能で、アプリの個別ロックの他にも、アプリの削除を制限したり、有料アプリやアプリ内課金を制限することもできる大変便利な機能です。

参考記事>iPhone ペアレンタルコントロールの設定方法!解除や時間制限は可能?

 

アプリをロックするには、まずは設定を開きます。

 

次に、一般をタップします。

 

機能制限をタップします。

 

数字4桁のパスコード(パスワード)の入力が求められますので、任意のパスコードを入力します。

※ここで決定したパスコードを忘れてしまうと本体をリセットするしか戻す方法はありません。絶対に忘れない数字4桁を設定してください。

 

許可と書かれた下に表示される項目が、個別にロックを掛けられるアプリ一覧になります。

ここに表示されていないアプリを個別に制限したい方は、こちらを参考にしてください↓

 

今回はブラウザのSafariを制限してみたいと思いますので、Safariの右側にあるタブをタップしてグレーにします。

ここまででアプリのロックは完了です。お疲れ様でした!

 

手順としてはとっても簡単ですよね。後は同じようにロックしたいアプリのタブをグレーにしていくだけでOKです。

 

ちなみに、ロックしたアプリはホーム画面からアイコン表示が消えて起動できなくなり、Siriでアプリ起動を試みてもこのようにロック状態となるので開けません。

アプリロックを解除する場合は、先程グレーにしたタブを緑色にすれば元の状態に戻ります。

アプリロックのおすすめ方法2 アクセスガイド

続いて、アクセスガイドを使ったアプリロックの方法を見ていきましょう!

 

アクセスガイドはもともと子供の操作ミスやイタズラ防止のための機能ですので、使い方を覚えておけばそういったシーンでも活躍してくれます。

 

特定のアプリをロックするには、まずは設定を開きます。

 

次に、一般をタップします。

 

アクセシビリティをタップします。

 

画面下部までスクロールして、アクセスガイドをタップします。

 

アクセスガイドと書かれた項目の右側のタブをタップして、緑色の状態にします。

 

画面下部にいくつかの項目が表示されるはずなので、その中のパスコード設定をタップします。

 

アクセスガイドのパスコード設定をタップします。(指紋で認証したい方はTouch IDを選択してください)

 

パスコード(パスワード)の入力が求められますので、任意の6桁の数字を入力します。

 

再度同じパスコードを入力します。

 

二度のパスコードの入力が完了しましたら、ロックしたい特定のアプリを開きます。今回はマップを特定のアプリとして勧めます。

 

選択したアプリが開いたことを確認した上で、iPhone本体のホームボタンを素早く3回押します。(トリプルタップ)

 

この動作でアクセスガイドの開始画面が表示されるはずです。

 

画面右上の開始をタップします。

ここまででアプリのロックは完了です。お疲れ様でした!

 

これで現在開いているアプリ(今回の場合だとマップ)に操作がロックされ、他のアプリを開くことができなくなりました。

 

ホームボタンを押してもホーム画面には戻りませんし、ホームボタンを長押ししてもSiriも起動しません。もちろん、電源も切れなくなるので完全にマップアプリのみに操作がロックされている状態です。

 

元の状態に戻したい場合はもう一度ホームボタンを素早く3回押して、先ほど決めたパスコードを入力後、画面左上の終了をタップすればロックが解除されます。

 

ひとつのアプリに固定ロックする方法ではなく、予め指定したアプリを開く際にパスワード要求が表示される設定にしたい方はこちらをどうぞ↓

iPhoneのアプリにロックをかけるアプリ4選!無料で個別に特定アプリを制限したいならコレ!
「iPhoneで特定のアプリを個別に制限したい!アプリごとにロックするためのアプリってあるの?」 iPhone全体にロックをかけるパスコード機能を使うほどではないんだけど、特定のアプリだけ開かれないようにしたいことって結構あります...
スポンサーリンク

iPhoneアプリにロックをかける方法 まとめ

いかがだったでしょうか?サードパーティのアプリケーションをわざわざダウンロードする手間が無いのは有り難い限りですよね。

 

ただ、完全に全てのアプリを個別でロックすることは出来なかったので、そのあたりは今後のアップデートで改善いただきたい部分でもあります。(全てのアプリを個別ロックする方法はコチラ)

スポンサーリンク

毎月ムダなお金を払っていませんか?

 

毎月のスマホ代やネット代が高いと感じている人は、自分に合った適切な固定回線の選び方ができていない可能性が大です。

 

スマホ代やネット代は少しの見直しで年間数万円~数十万円も節約が可能ですので、今スグ見直すことをおすすめします。

 

嘘だと思うなら、そのまま払わなくてもいいお金を払い続けてください。

 

でも、本気で節約したいと思っているなら、固定回線の見直しをするだけでも驚くほどのお金が毎月浮いてきますよ。

 

元販売員の私が言うんだから間違いありません。

 

どれくらい安くなるのか知りたい人は『光回線の最安比較』をご覧くださいっ。

Appleアプリ携帯関連
スマホ男をフォローする
携帯知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました