iPhoneの時間制限アプリ3選!子供の使い過ぎを管理するオススメ無料アプリは?

「子供のスマホの使いすぎに困っている!iPhoneの時間制限が出来る無料アプリってある?」

こういった悩みを持つ親御さんは日本全国に居ることと思います。iPhoneの本体機能でサクッと設定できれば良いのですが、残念ながら現状そのような機能は備わっていません。

そこで今回は、そんなiPhoneに使える無料・有料の時間制限アプリをいくつかご紹介したいと思います。過度なスマホ利用をやめさせる便利なアプリを見ていきましょう!

時間制限の前に行っておきたい子供のiPhone設定はこちら!

「子供にiPhoneを持たせることにしたんだけど、持たせる前にやっておくアプリ設定って何かある?」 子供さんにスマホを持たせるとな...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

iPhoneの時間制限アプリ3選!無料アプリ編

iPhoneの時間制限を行うアプリケーションはいくつかありますが、まずは無料アプリからご紹介していきたいと思います。

アプリアイコンからも分かるように全て子供向けのアプリとなっていますが、大人の使いすぎ防止にも利用することは可能なので、自分のスマホ利用時間が気になる方は是非ご自身に対しても導入を検討してみてください!

また、子供のスマホに時間制限を掛ける際には、世間の子供の利用時間がどのくらいなのかも知っておくと良いでしょう。こちらで普及率と共に紹介しているので参考にしてください。

大人であれば持っていて当たり前と言われるスマートフォン。中には、仕事用と家庭用の2台のスマホを使い分けているという人も少なくないでしょう...

iPhoneの時間制限アプリ1 キッズぶろっく

1番お手軽に利用できる無料の時間制限アプリはこちらの『キッズぶろっく』です。もともとiPhoneに備わっているSafariブラウザやカメラ(動画撮影含む)、FaceTimeなどの機能の他に、AppStoreからダウンロードしたアプリケーションについても曜日時間帯ごとに時間制限を掛けることが可能です。

この他にもApp内課金などをできないように設定することも可能ですが、そのあたりはiPhoneの本体機能『ペアレンタルコントロール』でも設定が可能なので、そちらを利用したほうが間違いなく動作は安定します。

子供の持つiPhoneに設定を推奨したいのが、iPhoneの本体機能の『ペアレンタルコントロール』と言う機能。この機能一つでアプリの動作...
キッズぶろっく
キッズぶろっく

【きっずブロックでできること】

  • 曜日、時間帯ごとの時間制限
  • 本体機能のペアレンタルコントロールでできること全般

【キッズぶろっくのメリット】

  • 親側のデバイスでコントロールが可能
  • 曜日毎に「何時から何時まで使用可能」と細かなスケジュール設定が可能
  • SafariだけでなくAppStoreからインストールしたアプリも時間制限が可能

【キッズぶろっくのデメリット】

  • 時間帯での設定しかできない(累計使用時間でのロックはできない)
  • 時間制限が解除された後にアプリの配置がグチャグチャになる
  • 設定時間を過ぎてもアプリが利用可能にならない場合がある(動作が不安定)

『キッズぶろっく』の使い方はコチラ!↓

「iPhoneの時間制限ができるキッズぶろっくアプリの使い方や設定方法は?」 子供のiPhoneを時間制限したいと言う方にオススメ...

スポンサーリンク

iPhoneの時間制限アプリ2 こどもネットタイマー

『こどもネットタイマー』はWi-FiルーターやHDDなどをメインに販売しているエレコムが提供する無料アプリケーションで、Wi-Fiの接続時間を計算して利用制限をかけられます。

基本的に行える動作は「1日の使える累計時間を設定する」「1日の使える時間帯を設定する」の二つのみのシンプルな仕様です。

タイマー機能は1日の累計時間での判断なので、使用時間は子供の自由となります。一方スケジュール機能は時間帯での設定なので「夜の使いすぎを制限したいから21時以降は使えないように」と言った使い方ができます。

ただ、こちらのアプリはあくまでWi-Fiの接続時間を計測して制限を掛けるものなので、Wi-Fiの接続を解除されてしまっては全く意味がありません。コントロールセンターや設定からWi-Fiをオフにすることは子供でも簡単に出来てしまうため、SIMを差して利用しているデバイスであればあまり利用価値は無いでしょう。

【こどもネットタイマーでできること】

  • タイマー機能で1日の使える時間を制限する
  • スケジュール機能で1日の使える時間帯を制限する

【こどもネットタイマーのメリット】

  • 累計時間と時間帯の二つの設定方法がある
  • iPhone以外にAndroidやパソコン、Wi-Fiに接続して遊ぶゲーム機(DS、PSPなど)にも使える

【こどもネットタイマーのデメリット】

  • Wi-Fi環境内でしか時間制限ができない
  • 設定が面倒

iPhoneの時間制限アプリ3選!有料アプリ編

ここからは、有料の時間制限アプリについてご紹介していきたいと思います。できれば無料で済ませたいと言う気持ちは分かりますが、無料アプリを使ってみて気に食わないようであれば、有料アプリも検討してみてください。

有料アプリが必ずしも良いと言うわけではないもの、やはり無料アプリと比べて動作はとても安定しています。「何故か正常に動作しない!」「いつまで経っても制限が解除されない!」と言う不安定さを解消したい方は、是非こちらをお試しください。

iPhoneの時間制限アプリ3 ParentKit

『ParentKit』はiPhoneの時間制限アプリでは有名なソフトですので、目にしたことがある方も少なくないと思います。初期設定は多少面倒なものの、その利便性と安定性は非常に優れたものとなっています。

直接子供のiPhoneにアプリをインストールして使うことも出来ますが、親のiPhoneにアプリをインストールすれば遠隔操作で子供のiPhoneをコントロールすることも可能です。

また、ひとつのアプリに制限するiPhoneを複数台登録することもできる仕様となっているので、親のiPhoneが1台あれば全ての子供のiPhoneをコントロールできます。

ParentKit - Parental Controls for iOS
ParentKit - Parental Controls for iOS

【ParentKitでできること】

  • 曜日、時間帯ごとの時間制限
  • 本体機能のペアレンタルコントロールでできること全般

【ParentKitのメリット】

  • 親側のデバイスでコントロールが可能
  • 曜日毎に「何時から何時まで使用可能」と細かなスケジュール設定が可能
  • SafariだけでなくAppStoreからインストールしたアプリも時間制限が可能

【ParentKitのデメリット】

  • 時間帯での設定しかできない(累計使用時間でのロックはできない)
  • 時間制限が解除された後にアプリの配置がグチャグチャになる
  • アプリの言語が日本語ではなく英語

『ParentKit』は有料アプリではあるものの、一ヶ月の無料お試し期間がついていますので、実際に使ってみて気に入らなければ辞める。と言うことも可能です。

『ParentKit』については、こちらの記事内で画像付きで初期設定や使い方を紹介していますので参考にしてみてください。

子供のiPhoneを時間帯別に機能制限したいと思っている親御さんは沢山居ると思いますが、残念なことにiPhone本体の機能制限では時間制...

スポンサーリンク

iPhoneの時間制限アプリ まとめ

いかがだったでしょうか?紹介したものは全てアプリなので、キャリア(au ドコモ ソフトバンク ワイモバイル)に関係なく使えるのは非常に有り難いですね。

また、動作が安定しているとは言え、やっぱり無料アプリが魅力的に感じると思います。個人的には有料アプリの『ParentKit』が最もおすすめですが、まずは無料アプリの『きっずブロック』から使ってみると良いでしょう。

どのアプリでも多少面倒な初期設定が必要となっていますが、子供のことを考えればやっぱり時間制限は行ったほうが良いです。過去にはスマホゲームのやり過ぎで失明したケースもあるほどですので、子供のスマホ管理も親の大事な役目のひとつだと思います。

当ブログ『携帯知恵袋』では、この他にも子供がスマホを安全に使うための内容を複数紹介しています。

「スマホを使い過ぎるから制限したい!Androidでも使えるオススメの時間制限アプリってある?」 スマートフォンは上手に使えばとて...
子供にスマートフォンをもたせる際、必ず事前に決めておいたほうが良いのが使い方のルールや約束事。スマホを買った後に持たせたことを後悔しない...
「iPhoneの電卓アプリを使った手品を覚えたい!素人でも簡単にできるものってある?」 人前でマジックを披露するとなると、それなり...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする

コメント

  1. マーボ より:

    全て、親も子供もiphoneが前提になっています。
    私の場合、親Android、子供がiphoneなので困っています。

    • xs781228 より:

      マーボさん
      コメントありがうございます。

      「親:Android 子供:iPhone」と言う場合には、遠隔操作は行なえませんが当記事中に紹介している『キッズぶろっく』と言うアプリで時間帯ごとに制限可能でございます。

      やり方はコチラで紹介している通りですが、親がAndroidスマホですので本来は親の端末で行うべき操作も子供のiPhoneで済ませてしまいます。つまり、子供のiPhone自信でそのiPhoneを制限するという方法になります。

      これで時間帯毎に制限自体は可能になるのですが、「ダウンロードしたアプリケーション利用」項目を制限してしまうと『キッズぶろっく』のアプリ自体もiPhoneから非表示になりますので、プロファイルを削除するか制限時間外まで待たないと設定を変更することができなくなります。毎日同じ時間帯を制限したいということであれば問題ないと思いますが・・・。

      このやり方で制限を行う場合は子供のiPhoneに『キッズぶろっく』アプリがある状態になりますので、コチラで紹介しているアプリ削除の許可制限も行ったほうが良いでしょう。(仮にアプリを削除してもプロファイルを削除しなければ制限は解除されません)

      言葉だけの説明ですので分かりにくい部分があるかもしれませんが、とりあえず『キッズブロック』の使い方の記事を読んでいただければおおよその流れは分かっていただけると思います。その他分からないことがあればお気軽にご質問ください。

  2. マーボ より:

    ご回答ありがとうございました、私なりに色々手探りでやってみました、iphoneに慣れていないこともありますが、子供のiphoneにプロファイルのインストール方法がわかりませんなのでクリップボードにコピーから進めません、アドバイスお願いします⤵。

    • xs781228 より:

      マーボさんこんにちは。
      プロファイルのインストール方法ですね。どこまで進んだか教えていただけたので、説明がやりやすく助かります。

      まず、プロファイルへのURLのコピー(クリップボードにコピー)が子供のiPhoneで完了すれば、そのまま子供のiPhoneでSafariを開いてください。

      Safariを開いたら画面の一番上に検索窓があるはずですので、そちらを一度タップします。

      既に検索窓に文字が入力されている場合には、文字を全てクリアします。

      文字が入力されていない状態で検索窓をタップすると、ペーストと言う吹き出しマークが表示されるはずですので、そちらをタップします。(これで先程クリップボードにコピーしたURLが貼り付けられます)

      そして最後に、画面下半分に表示されているキーボードの一番右下の開くをタップします。

      これでプロファイルのインストール画面にいけるはずですので、お試しください。

      後は、コチラで紹介している手順に沿って子供のiPhoneから操作を進めていただければと思います。

  3. マーボ より:

    早々のご連絡ありがとうございます、
    何とか進みましたが、プロファイルのインストール画面になりインストールをタップするとパスコードを入力する画面になり6桁の数字が入るらしく設定の時の数字を入れましたがエラーが出ました、2回失敗と表示されたので何回か失敗するとロックがかかることが予想されます、このパスコードとはなんでしょうか、ご存知でしたら教えて頂けませんか。

    • xs781228 より:

      マーボさんこんばんは。
      お返事が遅くなってしまって申し訳ないです。

      質問内容ですが、私の環境でももう一度試してみましたが、そのようなパスコードの入力画面は開かれませんでした。また、設定時のパスコードでも無いとのことですので、お手数ではありますが、一度プロファイルを削除してもう一度プロファイルの取得からやり直してみることをおすすめします。

  4. マーボ より:

    色々ご相談にご回答頂きありがとうございました、無事設定出来ました。

    • xs781228 より:

      とんでもないです。無事に設定できたようでなによりです。また、お忙しい中わざわざ設定完了連絡をいただき、誠にありがとうございます。

      また何かご質問等ございましたら、いつでもご連絡ください。