年賀状が52円の理由はなに?62円に値上げになる?年賀切手は?

「どうして年賀状だけ62円じゃなくて52円で送れるんだろう?何か理由があるの?」

通常のはがきが62円だと知っている方であれば、年賀はがきだけが52円というは不自然に感じてしまいますよね。

単純に考えれば、たとえ10円でも値上げしたほうが企業としての利益が上がるようにも感じますが、一体どんな理由があって52円になっているのでしょうか?

今回はそんな年賀状が52円の理由にあわせ、今後62円に料金改定されるのか?と言う内容もご紹介していきたいと思います。

知っておきたい年賀状のこと

スポンサーリンク
レクタングル(大)

年賀状が52円の理由はなに?

通常はがきが62円に値上げとなったのは2017年6月のことですが、それ以降も年賀はがきであれば52円で送ることができていました。

もちろん、52円で出せる期間はお正月期間の12月25日~翌年1月7日までと決まっていましたが、それでも「年賀はがきは52円」という価格は維持されています。

しかし、郵便局は2015年に「日本郵政」として株式公開し、営利企業となりました。

つまり、利益をたくさん上げて、少しでも株主に恩恵を返す必要がでてきたのです。

そのことを考えれば、たとえ10円の値上げであったとしても、年賀状が30億枚発行されていることを計算すれば、単純に300億円の売上増になります。

値上げによる顧客離れも多少はあるかもしれませんが、年賀状を毎年出している人は今後も出し続けるはずですし、10円上がったからといって辞めることはないでしょう。

以上を考慮すれば、通常はがきにあわせ、年賀はがきも値上げしても良いように感じますよね。

ですが、実際には値上げは行われていません

その理由を郵便局の問い合わせページからコンタクトし、直接取材したところ、このような回答をいただきました。

人件費の高騰と郵便物取扱量の減少で葉書の値上げを行いましたが、年賀葉書は広く国民一般に利用されている状況にあり、料金改定においては慎重な対応が必要と考えたためです。

確かに、スマホで新年の挨拶を済ますようになったとは言え、まだまだ年賀はがきの需要は高いです。

それを値上げするとなると、色々な障壁や反発なども起こると考慮してのことだったのかもしれません。

いずれにせよ、われわれ利用者としては少しでも安いほうが助かるので有り難い話ではあるのですが、それにより人件費の高騰がまかなえず、サービスの質の維持が困難になるようであれば、10円の値上げで解決していただいたほうが良いのかもしれませんね。

年賀状が62円に値上げになる?

先に紹介した背景があり52円のまま維持されてきた年賀状も、いよいよ2018年に値上げになります。(2019年用根年賀はがきから)

料金改定は通常はがきと同じく10円の値上げで、52円→62円です。

こちらの値上げに対しても取材を行っていますので、ご回答をご紹介しておきます。

年賀葉書を値上げするに至った主な理由は、「年賀葉書の料金は分かりくい」とのお客様の声が多数寄せられたことにあります。

更に深掘りすると、通常はがきを62円に値上げし、年賀はがきを52円の据え置きとしたことで料金の認識が複雑化し、更にお正月の期間限定での据え置き価格という内容が「わかりにくい」ということに拍車をかけたようです。

実際には料金が上がる形になり、お財布から出ていくお金が増えるとは言え、値上げの原因は我々利用者を思ってのものですので、仕方ないと言ったところでしょうか。

スポンサーリンク

年賀切手も62円に値上げになる?

年賀はがきが62円に料金改定されたので、当然ながら年賀切手も62円に値上げとなります。

値上げになるタイミングは年賀はがきと同様に2018年(2019年用年賀切手から)で、現在では既にデザインの絵柄なども決まっています。

ちなみに、10円単位の値上げとしては1981年の30円→40円、1994年の40円→50円にそれぞれ値上がりして以来、実に23年ぶりとなっています。

ただし、このスパンを見る限り、我々が生きている間にもう1度くらいは値上げが行われるかもしれませんね。

年賀状の料金改定 まとめ

いかがだったでしょうか?

10円と言う金額はそこまで大きなものではありませんが、送る枚数が多い人にとっては「塵も積もれば山となる」というように、バカにできない金額になりますよね。

なお、去年の年賀はがき・年賀切手をお持ちの方は、もちろん使うこともできますが、そのまま使うと料金不足で返ってきますので、追加で10円分の切手を貼るか、郵便局の窓口で交換すると言いでしょう。

参考記事>年賀状の書き損じの交換手数料はいくら?交換期限は?返金はできる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする