スマホのIPアドレスは変わる?それとも固定?Wi-Fiだとどうなる?

「スマートフォンやタブレット、ガラホなどの携帯電話って、ネットに接続する度にIPアドレスは変わるの?Wi-Fiだとどうなる?」

このような疑問が浮かんだことがある方も少なくないと思います。

普段何気なく使っているインターネットも、IPアドレスがなければ使用することは出来ませんからね。

今回はそんなIPアドレスが接続の都度変わるのかと言う内容に加え、どのような場合にIPアドレスが固定になるのか、Wi-Fi接続だとどうなるのかと言う内容をご紹介しています。

知っておきたいスマホの裏ワザ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

スマホのIPアドレスは変わる?

先に結論をお伝えすると、モバイルデータ通信(3Gや4G、LTE、5G)を使ったインターネット利用であれば、接続の度にIPアドレスが変わることが一般的です。

IPアドレスが変更になるタイミングは様々ですが、スマホの電源を入れ直した際一定時間が経過した際などが一般的です。

ここから分かるように、ネットの利用ユーザーが何らかのアクションを起こさなくとも、IPアドレスは動的に変更になると言うことです。(これを可変IPアドレスと言います)

「IPアドレスの変動を目で見てみたい!」と言う方は、一度こちらのサイトにアクセスしてみると良いでしょう。

複雑な調べ方をする必要なく、接続するだけで自分のIPアドレスを確認することが出来ます。

他にも(面倒くさいですが)、別の方法でも確認は可能です。

こちらで紹介している確認方法ですとIPアドレスの他に、サブネットマスク、ルーター、DNS検索ドメイン、クライアントIDなどの情報も確認できます。

「スマホのIPアドレスってどうやって調べたら良い?iPhoneとAndroidで確認方法は違う?」 IPアドレスを調べたい理由は人...

IPアドレスを確認したら電源のオンオフを行い、再度同じサイトにアクセスしてIPアドレスを確認してみましょう。

モバイルデータ通信の場合には、先程表示されたIPアドレスとは違うIPアドレスが表示されているはずです。

これはAndroidやiPhoneなどOSによって変化するものではありません。

いずれの機種でも同じ結果となります。

当然auやドコモ、ソフトバンクなども一切関係ありません。

しかし、これはモバイルデータ通信を利用した場合ですので、通信環境によってIPアドレスが固定となることもあります。

それでは、どのような場合にIPアドレスが固定になる可能性があるのか見ていきましょう。

スマホのIPアドレスが固定IPになるパターンとは?

先にお伝えした通り、IPアドレスが可変IP(変化するIPアドレス)となるか固定IP(変化しないIPアドレス)となるかは環境によって異なります

自身の接続方法であれば、可変IPと固定IPどちらの種類なのか確認するには、スマホのWi-Fiの接続状況を確認してみると良いでしょう。

【IP種類の確認方法】

  • モバイルデータ通信(Wi-Fi接続なし)
    →可変IPアドレスです
     
  • Wi-Fi接続有り
    →固定IPまたは可変IPです

このように、モバイルデータ通信であれば可変IPだと特定可能ですが、Wi-Fi接続であれば固定IPの可能性も可変IPの可能性も考えられます

必ずしも固定IPになるとは限らない理由は、使用プロバイダの違いです。

インターネットに接続する場合、基本的にプロバイダがあなたに代わってIPアドレスを取得してくれる仕組みになっているのはご存じの方も多いことでしょう。

実は、その際使用したプロバイダによって、固定IPで取得するか可変IPで取得するかが異なっているのです。

ちなみに、私はeo光を使っていますが契約してから1度もIPアドレスが変更になったことはありません。

よって、eo光の場合には固定IPを採用しているのでしょう。(eo光は固定通信会社ですが、プロバイダもeo光が提供しています)

固定IPアドレスを使用するには、月額料金が必要となる有料プラン契約が必須という会社も多くありますが、中にはイオ光のように無料で固定IP付与を行う会社も存在するため、一概にオプション料金の有無で固定IPか可変IPかを判断することは出来ません

これは個人個人の契約内容次第ですので、契約しているプロバイダや固定通信回線の会社に問い合わせるのが間違いないでしょう。

問い合わせの結果、固定通信回線が固定IPであれば、Wi-Fi接続時は固定IP、モバイルデータ通信接続時(3Gや4G、5G)は可変IPと言うことになります。

一方、問い合わせの結果、固定通信回線が可変IPであれば、Wi-Fi接続時もモバイルデータ通信接続時(3Gや4G、5G)も可変IPと言うことになります。

スポンサーリンク

IPアドレスで個人の特定は可能?

携帯電話からインターネットに接続するとサーバー側には、IPアドレスの情報以外に「個体識別番号」も送信される仕組みになっています。

これはMacアドレスとは異なるもので、「個体識別情報」とも呼ばれます。

複雑な名称で呼ばれていますが、要は製造番号(IMEI)のことです。

いつからこの個体識別番号の情報が送信される仕組みになったのかは分かりませんが、近年ではスマートフォンを使った犯罪が増加傾向にあることもあり、アクセスのあった携帯電話をピンポイントで調べることが出来ると言うわけです。

個体識別番号が分かれば、キャリアの管理している顧客データから、その端末を所有しているユーザーの住所や名前等の情報が簡単に紐付きます。

ガラケーだろうとスマホだろうと、携帯電話であれば必ず個別にIMEIと言う名前の端末識別番号が存在しますが、訳あってそれを変更したいと言う...

しかし、この個体個体識別番号(製造番号)が分かったからと言って、一般人が個人を特定するに至る可能性は限りなく少ないと言えます。

何故なら、個体識別番号を管理しているのはキャリアですので、その情報を容易に第三者に漏洩させることはありえないからです。

それならば、キャリアのサーバーが何からしらの攻撃を受けて、不本意に流出してしまう可能性の方が高いと言えるでしょう。

ちなみに、個人であったとしても、相手の大まかな位置情報程度であればIPアドレスひとつで簡単に特定することが可能です。

実際にIPアドレスひとつでどこまで特定できるのか検証を行った結果はこちらで紹介しています。

「スマホのIPアドレスひとつで位置の特定や接続元の情報は確認できるのだろうか?」 インターネットに接続するために不可欠なIPアドレ...

スマホのIPアドレスは変わる? まとめ

いかがだったでしょうか?

結論としては、

携帯電話でインターネットに接続した際、Wi-Fiに接続していなければIPアドレスは一定時間毎に変わる。

と覚えていただいて問題ないでしょう。

Wi-Fi接続の場合にはプロバイダ次第ですが、いずれにせよ一般のユーザーであれば固定IPでも可変IPでも、使用には差し障りの無い問題と言えます。

また、IPアドレスはモバイルデータ通信であれば変動しますが、個体識別番号やMACアドレスは変わりませんので悪いことをすればキチンと足が付きます。

変な考えは起こさないように注意しましょう!(本当に悪意のあるユーザーでならプロキシ経由で自身のIPは隠すと思いますが・・・)