フレッツ光の転用で料金が安くなる?工事不要で年5万円節約する方法

「NTTなら安心だし、フレッツ光を何年も使い続けている!」

もしかして、このような考えをお持ちではありませんか?

確かにNTTは会社としても歴史が古く、とっても信頼できる会社です。今更これを変えるのも面倒だと感じている人もいることでしょう。

私ももともとフレッツ光を使っていた身ですので、その気持はよ~く分かります!

しかし、もしもあなたが王手キャリア(ドコモ au ソフトバンク ワイモバイル)使っているにも関わらずフレッツ光を契約しているのであれば、毎月どんどん損をしていることになるんです・・・。

ですが、安心してください。

いまからでも、フレッツ光からコラボ光へ乗り換えれば、たった15分の手続きで工事を行うことなく、年間55,000円も節約することができるんです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

フレッツ光の転用で料金が安くなる?

お使いのスマホがどのキャリアであったとしても、フレッツ光から光コラボへ転用することで料金は必ず安くなります。

更に、更新月でなくとも解約金はかかりませんし、工事まで不要!(事務手数料の3,000円は必要)

具体的に安くなる(得をする)のは以下の3つで、これらを合計すると、なんと1年間で55,000円もお金が浮いてくるんです!

転用で得する3つのコト!

  1. 固定通信回線が安くなる
  2. 携帯電話の料金が安くなる
  3. 転用によりキャッシュバックを受け取れる

浮いたお金で旅行に行ってもいいですし、新しいスマホに機種変更するのもアリですね。

キャッシュバックが貰えるのは1度きりとなりますが、来年も再来年もず~っとインターネット料金は今よりも安いままなので、月日を重ねる毎にお金が残っていきますよ!

ちなみに、自宅の固定電話の番号が変わることに抵抗がある方も居るかもしれませんが、もともとNTTで発番した電話番号であれば、電話番号はそのままで転用が可能です。

フレッツ光を継続すると損する2つの理由!

先にお伝えした通り、私ももともとフレッツ光を使っていたわけですが、光コラボと比較してみるとやっぱり金額面で損をしているところって多いんですよね。

私は最もオーソドックスなプランでフレッツ光を利用していたので、同じように損をしている人も多いことかと思います。

フレッツ光が損な理由1 プロバイダが別料金

光コラボだとほとんどの場合、プロバイダ料金込みの値段でインターネットの契約が可能となっており、フレッツ光のように別途プロバイダ料金を払う必要がありません

ただし、プロバイダ料金の分だけ固定回線の料金が高くなっているわけではなく、むしろセット回線になることでかなり安い金額となっています。

私の場合、フレッツ光を「2ねんわり」というスマホと同じような2年縛りのプランで契約しており、月額料金は5,000円でした。

これだけ見ると、ソコソコ安いように見えますが、実際にはここに「ぷらら」の月額1,000円のプロバイダ料金がかかっていましたので、合計で6,000円/月も払っていたことになります。

ですが、コラボ光であればどの王手キャリアを使っていてもこれよりも安くなるので、払わなくてもいいムダなお金を払っていることになってしまいます。

フレッツ光が損な理由2 携帯料金の割引がない

固定回線の料金だけでも毎月安くなるのですが、現在使っている携帯電話の会社が王手キャリア(ドコモ au ソフトバンク)の場合には、更に割引が入ります

割引される金額は携帯電話のプランによりますが、少なくとも毎月500円以上の割引が入ることが一般的です。

家族で使っている携帯の数が多ければ、それだけ割引される金額も倍増していきますので、携帯電話の数が多い家族ほど得になると言えます。

また、スマホ料金が高い人(毎月7,000円以上払っている人)も割引率が高くなるので、光コラボに変えることで節約できる金額も大きくなることでしょう。

ドコモ光への転用で年間約3万円以上お得に!

ドコモユーザーの方は、来年以降もず~っと割引が継続されるドコモ光への乗り換えがオススメです。

携帯電話の料金プランに合わせて利用料金が割引され、面倒な手続きをすることなく、最も安くなる割引が自動で適用されます。

料金プランや台数にもよりますが、年間で46,600円もお得になるのでドコモユーザーの方は是非乗り換えを検討すると良いでしょう!

安くなる3つのポイント!

  1. 基本料金が毎月800円~1,250円お得に!
    1年間で9,600円~15,000円
     
  2. セット割で毎月800円~1,800円お得に!
    1年間で12,000円~21,600円
    ※シェアパック5~15で計算
     
  3. キャッシュバックが10,000円貰える!

=合計 1年間で31,600円~46,600円お得!

※フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプと比較

いま申し込むと、フレッツ光からの転用であってもキャッシュバックを受け取ることができるのでとってもお得です!

通常、ドコモ光への転用でキャッシュバックは付きませんので、期間限定のキャッシュバックとなっています

ドコモ光の申込みはこちら

申し込みの手順は?

  1. フレッツ光のページから転用承諾番号を取得
     
  2. ドコモ光に申し込む
     
  3. 内容確認の電話を待つ
     
  4. 切替日まで待つ

ビッグローブ光への転用で年間3万円以上お得に!

auユーザーの方は、プロバイダの会社で有名なビッグローブ光への乗り換えがオススメです。

auユーザーならauひかりじゃないの?」と言う声も聞こえてきそうですが、実はauひかりが申し込めるお家は戸建て・集合(マンションなど)ともに非常に少なくなっています。

更に、転用とは言うものの工事が必要となってきますので、それならいっそのことイオ光などに変えたほうがメリットも大きくなるので、総合的に考えると少ない手間で節約できるビッグローブ光がベストでしょう!

料金プランや台数にもよりますが、年間最大で50,640円もお得になるのでauユーザーの方はビッグローブから検討してみてはいかがでしょうか。

安くなる2つのポイント!

~スマホが2台の場合~

  1. 固定通信料金が毎月1,520円~2,220円お得に!
    1年間で1円18,240~26,640円
     
  2. 携帯料金が毎月500円~2,000円お得に!
    1年間で6,000円~24,000円
    ※電話契約必要

=合計 1年間で24,240円~50,640円お得!

※フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプと比較

転用新規の場合キャッシュバックがありませんが、それでも充分な金額が節約できますので、変えない理由はありませんね。

ちなみに、nifty光もau携帯とのセット割を実施しているものの、月額料金がわずかに高くなっているのでビッグローグ光が最もお得と言えるでしょう。

ビッグローブ光への申込みはこちら

申し込みの手順は?

  1. フレッツ光のページから転用承諾番号を取得
     
  2. ビッグローブ光に申し込む
     
  3. 内容確認の電話を待つ
     
  4. 切替日まで待つ

ソフトバンク光への転用で年間5万円以上お得に!

ソフトバンクユーザーの方は、家族のスマホ代が一生割引されるソフトバンク光がオススメです。

台数が多くなるほど割引される金額も大きくなり、更に一生の割引ですので、長い目で見れば1度の手続きで数十万円もお金を節約できる計算になります。

料金プランや台数にもよりますが、年間最大で55,000円もお得になるので見逃せないでしょう!

安くなる3つのポイント!

~スマホが2台の場合~

  1. 固定通信料金が毎月800円~1,250円お得に!
    1年間で9,600円~15,000円
     
  2. 携帯料金が毎月1,000円~2,000円お得に!
    1年間で12,000円~24,000円
     
  3. キャッシュバックが16,000円貰える!

=合計 1年間で37,600円~55,000円お得!

※フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプと比較

キャッシュバック金額が大きいところが魅力ですね。

それにあわせ、月々料金の割引内容も充実していますので、かなりお得になること間違いなしです!

ワイモバイルユーザーでも一部割引があります

ソフトバンク光への申込みはこちら

申し込みの手順は?

  1. フレッツ光のページから転用承諾番号を取得
     
  2. ソフトバンク光に申し込む
     
  3. 内容確認の電話を待つ
     
  4. 切替日まで待つ

フレッツ光の料金を確認すべし!(まとめ)

いかがでしたか?

こういったスマホや固定回線の世界は知っている人だけが得をしますので、皆さんも是非、得をする側になっていただければと思います。

光コラボへの転用は戸建て・集合(マンション等)に関わらず行うことができ、工事も不要!

わずか15分ほどの時間で固定費の値下げに成功しますので、とっても良い時給になりますよね。

毎月なんとなく通信費・携帯料金を払っている方も少なくないはずですので、この機会に一度、現在のフレッツ光の料金と、光コラボに切り替えた後の料金を比較してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする