v6プラスのメリットデメリット!対応プロバイダやオススメの光回線は?

「最近よくv6+という言葉を耳にするけど、あれって一体どんなメリットがあるの?」

固定回線のお話をするときに、必ずと言っていいほど出てくるのが「v6プラス」と言う謎の専門用語。

言葉だけを聞くと何やらとっても難しいネット用語のように感じてしまいますが、要は快適な通信を維持するためのサービスなんです。

これからインターネットを使っていく上で是非とも知っておいて欲しい言葉なので、こちらでそんなv6プラスのメリット・デメリットをしっかりと覚えて帰っていただければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

v6プラスはどんなサービス?

そもそも、v6プラスとはどのようなサービスなのでしょうか?

単純に通信速度が速くなると言われても、仕組みを理解しないといまいちピンとこないですよね。

そんなv6プラスを端的に説明するのであれば、このようなサービスだと言えます。

  • 従来の速度遅延を解消できるIPv6 IPoEの接続方式。

見慣れない英語が並んでいるかと思いますが、要はネットが混雑しているときでも快適に通信が行えるサービスがv6プラスです。

更に詳しく解説すると、皆さんがインターネットの世界に接続するには、パソコンやスマホからアプリを使ってアクセスしていくわけですが、そのときに必ず利用するのがプロバイダになります。

プロバイダは皆さんとインターネットを繋げるための橋渡し役のような存在で、プロバイダがなければネットにはアクセスできません。

画像引用元:BBIQ HP

ただし、ご存知のとおりプロバイダにも色々な会社があり、それぞれの会社で提供サービスや速度に違いがあります。

例えば、ネットに接続できる道路が10本しかない会社と、100本ある会社であれば、当然後者のプロバイダのほうが混雑が少なく、スムーズなネット接続が可能ですよね。

しかしながら、現状はスマートデバイスが爆発的に普及し、どうしても通勤時間や夜のゴールデンタイムはプロバイダも許容量が一杯一杯になり、通信速度は遅くなってしまいます。

それなら、プロバイダが通信網を確保すれば良いだけのようにも感じますが、実はその通信網の確保にはNTTの設備増設の協力が不可欠で、プロバイダ側からNTTに増設の申し込みを行っているものの、現状はNTT側も手一杯な状態なのか、増設が見送られている状況です。

通信速度が遅い原因は?

  • 通信速度が遅くなる原因はプロバイダのキャパオーバーによるものの、改善されない原因はNTTにある。

そんな混雑する通信状況を打破してくれるのが、これまでに紹介してるv6プラスです!

v6プラスを使えばネット回線が混雑している時間帯であっても、混雑に巻き込まれることなく快適な通信が可能となっています。

分かりやすく例えるなら、混雑している一般道路を使わず、高速道路でサクッと目的地にたどり着くようなイメージですね。

v6プラスのメリットとは?

「混雑時でも安定した速度で通信が可能」というメリット以外にも、実はv6プラスには他にも良いところが複数あるんです!

こちらでは、そんなメリットを1つ1つ見ていきましょう。

v6プラスのメリット一覧!

  • 安定した速度で通信が可能
    プロバイダによる認証作業が不要ですので、早くて安定した回線速度が実現しています。
     
  • 追加料金がかからない
    v6プラスの利用には、基本的に追加料金はかかりません。契約しているプロバイダに申し込むだけで、月額無料で利用できます。
     
  • どのサイトでも閲覧可能
    以前からある、似たような速度改善サービスにIPv6というものがありますが、こちらはIPv6に対応したサイトでなければ閲覧することができませんでした。
     
    しかし、v6プラスであればそのような問題も起こりませんので、いままで通りの使い勝手で、高速化だけを行うことが可能となっています。

v6プラスのデメリットとは?

メリットだらけのように見えるv6プラスも、実はいくつかのデメリットがあります。

利用するユーザーは必ず知っておきたい内容ですので、こちらもしっかりと1つ1つ確認していきましょう。

v6プラスのデメリット一覧

  • PS4などのオンラインゲームでは使用できない
    v6プラスでは特定のポートを使用する必要があるので、インターネットに接続するゲーム機のオンラインゲームでは基本的に使用ができません。
     
    ただし、v6プラスでの接続が不可能な場合のみ、ゲーム機での接続が可能な通信に切り替える設定にすることで回避は可能です。
     
  • 固定IPアドレスが使えない
    IPアドレスには一定時間ごとに変化する「動的IP」と、常に値の変わらない「固定IP」がありますが、基本的にv6プラスでは「固定IP」を選択できません。
     
    ただし、最近ではプロバイダのオプション契約でv6プラスでも「固定IP」にできるところも出てきました。
     
  • 専用のWiFiルーターが必要
    無線LANを使用する方であれば、v6プラスに対応したWiFiルーターを準備する必要があります。
     
    価格は大体7,000円~となっていますので、多少の初期投資が必要と言えるでしょう。ただし、プロバイダによっては無料でレンタルが可能なところもあります。

>>>v6プラス対応ルーターを無料レンタルできるプロバイダはコチラ

このようにデメリットはあるものの、いずれも解決策がありますので、それほど大きな障壁とはならないでしょう。

v6プラスに対応したプロバイダはどこ?

v6プラスは、どのプロバイダでも使えるサービスではありません。

v6プラスを使いたい場合には、きちんとv6プラスに対応したプロバイダを選ぶ必要があるので注意してください!

そんなv6プラスに対応したプロバイダは、こちらのとおりです。

  • ドコモnet
  • ぷらら
  • So-net
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • ビッグローブ
  • チキチキ
  • hi-ho
  • DMM.com

既にこれらのプロバイダに申し込みをされている方であれば、問い合わせから内容を確認すると良いでしょう。

また、ここに記載のないプロバイダをお使いの方であっても、利用している固定回線によってはプロバイダだけを変更することも可能となっています。

v6プラスに対応した光回線のおすすめは?

これから新たに光回線の引き込みを検討されている方であれば、So-net光がオススメです。

工事費用も実質0円ですし、最初の1年間はv6プラスに対応した無線LANルーターも無料で貸し出してくれますので、わざわざ買いに行く手間も必要ありません。

ただし、2年目からの料金は月額400円ですので、今後もSo-net光を継続的に利用する予定であればv6プラスに対応したWiFiルーターを購入したほうが安くなるでしょう。

参考記事>

そして、今ならなんとキャッシュバックが現金で45,000円も貰えますのでとってもお得です!(電話加入で更に5,000円UP!)

キャッシュバックを月額料金にあてれば、約1年間ほど無料で使える計算になりますので、この機会に申し込まないと損ですね!

月額料金 戸建て 4,400円~
マンション 3,300円~

So-net光の申し込みはコチラ

なお、王手キャリア(ドコモ au ソフトバンク)の携帯電話をお使いの方は、固定回線とセットにすることで割引が入るパターンもたくさんあります!

あなたにあったベストな固定回線は、こちらで簡単に見付けられますので、是非参考にしてみてください。

⇒最安 カード

v6プラスのメリットデメリット まとめ

いかがだったでしょうか?

v6プラスについてご理解いただけましたか?

通信速度が安定しない方ほどメリットが大きいサービスですので、サクサクとネット通信を楽しみたい方であれば利用しない手はないでしょう。

少しの手間で今後ずーっと快適な通信環境が手に入りますので、これを機にv6プラスデビューをすることを強くオススメします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする