iPhoneの着信履歴を無料で復元する方法|消えた履歴も簡単復活

「iPhoneの通話履歴が表示されない!登録前の番号もあったのにどうしよう!!」

あなたもこのように、着信履歴が消えてしまって困っていませんか?

大切な電話の履歴・登録前の番号などを確認するために、なんとか着信履歴を復活させたいという人も多いハズ。

そこで今回は、iPhoneの着信履歴を無料で復元する2つの方法をご紹介していきたいと思います!

この記事を読むことで、もう1度確認したかった着信履歴があっさり復活しますので、是非参考にしてみてください!

関連記事>iPhoneの着信履歴が勝手に消える原因はコレ!復元はできる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

iPhoneの着信履歴を無料で復元する方法とは?


注目パソコンなしで着信履歴を復元することは基本的にできません。

ただし、どうしてもパソコンなしで復元したい人は、本体をリセットしてiCloudで復元することでパソコンを使わずに着信履歴を復活できます。

iCloudを使った復元手順はコチラ


今回ご紹介する2つの復元方法は、こちらのとおりです。

  • iTunesを使って着信履歴を復元する
     
  • フリーソフトを使って着信履歴を復元する

どちらも同じように着信履歴が復活できますので、お好きな方をお選びください。

ただし!iTunesを使って復元する場合には【バックアップデータが必ず必要】となりますので、バックアップをとっていない人はフリーソフトを使った復元方法で進めてくださいね

消えた着信履歴をiTunesで復元!

まずは、iTunesを使った復元方法から見ていきましょう。

※先にもお伝えしたとおり、必ずバックアップデータが必要となります。

【準備するもの】

  • 着信履歴が消えたiPhone
     
  • パソコン(WindowsでもMACでもOK)
     
  • iTunes
     
  • Lightningケーブル(充電ケーブル)

作業時間はiPhoneのデータ容量・PCスペックにもよりますが、だいたい1時間もあれば終わる場合がほとんどです

注意途中で中断はできませんので、時間に余裕をもって作業してください!

iTunesを使った復元手順は、こちらの『iPhoneの復元方法!iTunesやiCloudを使えばやり方は簡単!』にて詳しく紹介しています。

「iPhoneを復元したいんだけど、復元方法がイマイチ分からない・・・。簡単なやり方って無いの?」 バックアップや復元と言った大事...

スポンサーリンク

消えた着信履歴をフリーソフトで復元!

「iTunesにバックアップがない!」という人は、これから紹介するフリーソフトを使って着信履歴を復元していきましょう。

【準備するもの】

  • 着信履歴が消えたiPhone
     
  • パソコン(WindowsでもMACでもOK)
     
  • dr.foneソフト(ダウンロードはコチラ
     
  • Lightningケーブル(充電ケーブル)

作業時間はPCスペック・iPhoneのデータ容量にもよりますが、だいたい30分程度で着信履歴が復活できます

まずは、dr.fone(ドクターフォーン)が無ければ何も始まりませんので、こちらのダウンロードリンク無料ダウンロードからダウンロードを進めてください。

ソフトウェアのインストールが完了したら、dr.foneを開いて復元をクリックします。

iPhoneの接続を促されますので、USBケーブルでパソコンに接続します。

このとき、【iPhoneの電源がオンの状態】でPCに接続してください。

iPhoneの認識が始まりますので、しばらく待ちましょう。

iPhoneの認識が終了すると、復元できるデータが一覧表示されますので通話履歴にチェックを入れて右下の開始をクリックします。

今回は他にも復元したいデータがあるので全てにチェックを入れて進めますが、チェックの数が多くなるほどスキャンに時間がかかります。

時間がない人は、必要最低限にしておきましょう。

スキャンが終わるまでしばらく待ちましょう。私はデータ量が少なかったので10分もかからずに終わりました。

スキャンが完了したら、画面左側に復元データが一覧表示されるので通話履歴をクリックします。

この画面で通話履歴の確認が行なえますので、折り返しの必要な電話・登録が必要だった電話番号をiPhoneに直接打ち込んでいきましょう。

ちなみに、画面の右下にパソコンに復元というボタンがありますが、今回は無料版ですので直接パソコンにデータを復元することはできません。

試しにクリックしてみると、「製品登録が完了していません」と表示されてしまいます。

今回使用した無料版では、

  • ファイルをスキャン
     
  • スキャンされたファイルのプレビュー

の2つの処理しか行うことができませんが、かかってきた電話番号はこれで確認できるはずです!

このソフト1つでファイルの復元を行いたい場合には、有料版のdr.foneを購入する必要がありますが、確認だけならこれで全く問題ありません!

ただし、【今後もiPhoneを使っていく】という人は、完全買い切りタイプの有料版dr.foneを持っておくのがオススメです

私も使っていますが、そのときは必要ないと思って消したデータも後から必要になることって結構ありますからね。

たったの6,980円ポッキリで写真や動画、連絡先など、復元したいデータをいつでも復元できるなら安い買い物です。

自分だけでなく家族や友達のiPhoneデータ復元にも活躍しますので、数回使えば元が充分に取れます。(業者に依頼すると数万円ですからね)

※今なら30%オフの4980円で購入できます※

dr.fone無料お試しはコチラ

iPhoneの通話履歴の復元方法 まとめ

iPhoneの通話履歴は、いつまでも復元できるわけではありません。

一定期間が経つと、専用のソフトウェアを使っても復元できなくなってしまいます。

過去の通話履歴が残らないと都合が悪い人も多いはずなので、なるべく早い段階で復元を行うことをオススメします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする