iPhoneが遠隔操作されてるかも!?確認と解除、防止対策の方法は?

「なんだか最近iPhoneの挙動がオカシイような・・・。もしかして遠隔操作されてるかも!?」

普段から使い慣れているスマホに何かしらの違和感があったり、知人がやたらと自分の行動を知っていると言う場合、もしかしたらスマホが遠隔操作されているのかもしれません。

そう言った不安が少しでもある方は、プライベートな情報の流出被害を防ぐためにも一度ご自身の端末を確認してみると良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

iPhoneが遠隔操作されてるかも!?確認と解除の方法は?

iPhoneの遠隔操作が疑われる場合、まずはこちらの3つの方法で確認を行ってみてください。多くの遠隔操作アプリはこれで足が付く場合がほとんどです。

ちなみに同じAppleのiOS端末であれば、iPadもiPod touchも同じ手順で確認が可能です。

遠隔操作の確認方法1 ホーム画面をチェック!

最も簡単に確認できる方法が、ホーム画面に見慣れないアプリアイコンがないかと言うことです。

見知らぬアプリが勝手にインストールされている場合、それが遠隔操作系のアプリである可能性も考えられます。

自分でインストールしたつもりのないアプリアイコンがある場合、一度そのアプリ名をネットで検索して、どのようなアプリなのか調べてみると良いでしょう。

その際、このようなアイコンのアプリがないかも併せて確認してみてください。

こちらは『Cydia(シディア)』と言うアプリのアイコンで、Jailbreak(脱獄)したiOS端末にインストールされるアプリケーションです。

AppStoreでの提供許可を得ていないTweak(ツウィーク)と言うアプリをインストールするためのアプリですので、これが入っていればiPhoneがセキュリティーの確保されていない脱獄状態にあると言うことになり、遠隔操作の可能性が比較的高くなります。

また、パッと見では発見できないような、フォルダの2ページ目や3ページ目に隠されていないかも、念入りにチェックすると良いでしょう。

見慣れたフォルダの奥底に悪意のあるアプリが隠されているかも知れませんので、ひとつひとつ念入りに確認してみてください。

スポンサーリンク

遠隔操作の確認方法2 アプリ一覧をチェック!

ホーム画面に見知らぬアプリが無かったとしても、まだまだ安心できません。

遠隔操作を行うアプリの中には、アプリアイコン自体を非表示にして消すことのできるアプリも存在するので注意が必要です。

それらのホーム画面から非表示にできるアプリを探すには、設定を開きます。

一般をタップします。

使用状況をタップします。

ストレージを管理をタップします。

こちらの画面にインストールされたアプリ一覧が表示されますので、怪しいものがないかチェックして、遠隔操作が疑われるものが合った場合にはそちらをタップします。

不要なアプリである場合にはAppを削除をタップします。

たとえホーム画面にアイコンが表示されていなかったとしても、これでアプリの削除が完了します。

知らない人からすれば、ホーム画面からアプリを非表示にできると言う発想自体が無いと思いますので、そういうこともできると覚えておくと良いでしょう。

遠隔操作の確認方法3 プロファイルをチェック!

最後にプロファイルのチェックも行っておくと良いでしょう。

プロファイルとはiOSの機能制限や各種設定を行うためのソフトウェアのことで、遠隔操作される側の端末に一括して設定項目が集約されたプロファイルがダウンロードされることも少なくありません。

アプリではなくプロファイルで遠隔操作を行われている場合には、基本的にiPhoneへのアプリケーションのインストールが必要ありませんので、ホーム画面にも設定のアプリ一覧にもアプリアイコン等は表示されません。

怪しげなプロファイルがダウンロードされていないかを確認するには、まず設定を開きます。

一般をタップします。

デバイス管理をタップします。(デバイス管理が表示されない人は何もプロファイルがダウンロードされていないということです)

こちらの画面にダウンロードされたプロファイル一覧が表示されますので、怪しいものがないかチェックして、遠隔操作が疑われるものがあった場合にはそちらをタップします。

不要なプロファイルである場合には削除をタップします。

ポップアップが表示されますので、もう一度削除をタップします。

以上で遠隔操作の3つの確認と削除が完了しました!お疲れ様です!

iPhoneの遠隔操作を防止対策する方法は?

ここまでiPhoneの遠隔操作の確認方法と、解除のためのファイルの削除方法を見てきましたが、実はどの方法でも防ぐことのできない遠隔操作のやり方も存在します。

それは【iPhoneの遠隔操作アプリ3選!PCからカメラの操作は可能?】の記事内でも紹介した『spyzie(mSpy)』と言うソフトウェアなのですが、こちらはアプリのインストールどころかプロファイルのインストールさえ必要ありません。

それではどうやって遠隔操作を行っているのかと言うと、AppleIDとパスワードを使ってサーバーから操作を行っています。

「でもそれって、AppleIDとパスワードがバレていなければ問題ないんでしょう?」

と思われる方もいるかもしれませんが、iPhoneなどのスマホにはCookieと言うパスワードなどを記憶する機能がありますので、何らかのウイルスなどによりそのクッキー情報が悪意のある第三者に渡ってしまう可能性も考えられます。

例えば、メールに記載のあるURLにアクセスしてしまったり、LINEメッセージで送られてきたファイルを開いてしまったり・・・。

特にLINEの乗っ取りは条件さえ整っていれば簡単に行えてしまいますので、リアルな友達から「この動画面白いよ!」なんてメッセージで送ってこられたら開いちゃいますよね。

国内スマホユーザーであれば誰もが利用しているLINEアプリ。だからこそ安全だと思っている人も少なくないようですが、実はとっても簡単に乗っ...

このように原因は色々と考えられますが、とりあえず下記のことに注意してiPhoneを管理していれば遠隔操作などの余計なトラブルに巻き込まれる可能性も少なくなるでしょう。

遠隔操作の防止対策方法!

  • 容易にスマホを人に預けない
  • AppleIDやパスワードを人に教えない
  • Appleパスワードを定期的に変更する
  • 怪しいURLは開かない
  • 提供元不明なアプリはインストールしない
  • フリーWi-Fiにはなるべく接続しない
  • 脱獄しない

スポンサーリンク

iPhoneの遠隔操作対策 まとめ

iPhoneの遠隔操作アプリの中には盗撮や盗聴を行う他にも、ウイルスを送り込んで操作不能に陥れる危険なものもたくさんあります。

被害に遭ってから泣きを見ても後の祭りですので、今のうちにしっかりと対策を行っておきましょう。

当ブログ『携帯知恵袋』では、この他にもiPhone・Androidを便利に使う内容を複数紹介しています。良ければ併せてお読みください。

「iPhoneの電卓アプリを使った手品を覚えたい!素人でも簡単にできるものってある?」 人前でマジックを披露するとなると、それなり...
「子供のスマホの使いすぎに困っている!iPhoneの時間制限が出来る無料アプリってある?」 こういった悩みを持つ親御さんは日本全国...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする