格安SIMをデビットカードで契約|クレジットカード不要のMNP弾

MNP弾
  • 即時解約OK!
  • 短期解約金不要!
  • 予約番号発行もネットで楽々!

14社比較を見る

格安SIMを契約して携帯乞食で稼ぎたいものの、そもそもクレジットカードを持っていない・作れないという人もいることでしょう。

今回はそんな人のために、クレジットカード不要のデビットカードで契約できる格安SIMを紹介していきます。

スポンサーリンク

デビットカードで契約できるおすすめ格安SIM

デビットカードで契約できる格安SIMはいくつかありますが、実際に契約した経験を活かして

  • 手軽さ
  • 費用面

を考慮して格安SIMを紹介しています。

スマホ男
スマホ男

費用も安くて手軽な格安SIMがあればいいんだが、いまのところそれを両立しているMVNOはないんだ。

楽天モバイルが1番お手軽

楽天モバイルはとにかく手間がありませんので、楽をしたい人におすすめの格安SIMです。

他のデビットカードで契約できる格安SIMはどうしても一手間必要になりますが、楽天モバイルは通常と同じ手順で契約が進められるので本当にお手軽です。

また、デビットカード以外にも口座振替での契約が行えますので、そもそもデビットカードすら持っていなくても契約することが可能です。

楽天モバイルのMNP費用

内約 費用 プラン
契約事務手数料 3,394円  
初月月額料金 1,350円 ベーシックプラン
MNP転出手数料 3,000円  
解約違約金 9,800円  
合計 17,544円  

楽天モバイルの注意点

クレジットカードがなくても利用できる非常にお手軽な楽天モバイルですが、利用できるデビットカードが少ないというデメリットがあります。

楽天モバイルで利用できるデビッドカードは以下の2つのみとなっており、それ以外のデビットカードであれば契約が行えません。

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

ただし、先にもお伝えした通り口座振替が利用できますので、デビッドカードで契約せずに口座振替で契約するのもおすすめです。

※口座振替の場合、毎月引き落とし手数料が別途100円必要です

リンクスメイトなら費用が安い

クレジットカード不要で契約できる格安SIMの中で、最もMNP弾としての費用が安いのがリンクスメイトです。

MNP弾を最安&最速で作る方法でも紹介しているとおり、リンクスメイトは契約後にSIMカードを端末に挿して通信しなくてもMNP弾として使えるところが大きな利点です。

ただし、厳密に言うとリンクスメイトはクレジットカードは不要ですがデビットカードでも契約ができません

スマホ男
スマホ男

ややこしいだろうから分かりやすく説明するぞ。

リンクスメイトをクレジットカード不要で契約するには、予めLP(リンクスポイント)という支払い用のポイントを事前に購入して契約する必要があります。

イメージとしては、料金の前払いのようなイメージです。

LPは

  • コンビニエンスストア決済
  • 銀行決済
  • クレジットカード決済

で購入することができますので、「コンビニ払い」か「銀行決済」にて対応するといいでしょう。

ちなみに、LPを購入するにはリンクスメイトで先にアカウントを作成しておく必要があります。

リンクスメイトのMNP費用

内約 費用 プラン
契約事務手数料 3,000円  
SIMカード発行手数料 400円  
初月月額料金 32円 1GBプラン(日割り)
音声通話オプション 600円  
MNP予約番号発行手数料 2,000円  
SIMカード削除手数料 3,000円  
合計 9,032円  

リンクスメイトの注意点

リンクスメイトのLPは「1LP=1円」なのですが、LP購入時に別途手数料が必要となります。

購入金額に関わらず手数料が必ず必要となりますので、ここは注意してください。

  • 10000LP未満:300円
  • 10000LP以上:購入金額の3%

 

ちなみに、余分に購入してしまったLPについては現金での返金が可能です。

返金手数料として別途300円が必要となりますので、300LP以上ポイントが残っている人は偏諱Nも検討するといいでしょう。

ただし、1度でも返金申請をしてしまうと、そのアカウントでは回線の新規契約が行えなくなりますので、今後リンクスメイトを利用したい場合には別途アカウントを作成する必要があります。

LinksMateでMNP弾を作る手順|契約申込~MNP予約番号発行まで
『MNP弾を最安&最速で作る方法』で紹介したように、LinksMateはMNP弾として非常に優れています。 SIMの到着前にMNP予約番号発行が可能 SIM到着後、端末での通信不要 MNP費用1万円以下 このよ...

LINEモバイルはバランスが良い

「MNP費用も抑えたいけど手軽さもほしい」という人には、LINEモバイルがおすすめです。

1番手軽で1番安いということはありませんが、双方のバランスが非常にいいMNP弾になります。

厳密にはデビットカードでの支払いではなく口座振替での支払いとなりますが、クレジットカード不要で登録できる点は同じですので問題ないでしょう。

LINEモバイルのMNP費用

内約 費用 プラン
契約事務手数料 3,000円  
SIMカード発行手数料 400円  
初月月額料金 1,200円 LINEフリープラン
MNP転出手数料 9,800円  
合計 14,400円  

LINEモバイルの注意点

LINEモバイルをクレカ不要のMNP弾として利用するにはLINE PAYカードの設定が必要となりますので、そこが少しだけややこしいです。

どんな手順が必要かわかっておけば大した手間でもありませんので、分かりやすく時系列で紹介しておきます。

スマホ男
スマホ男

LINEモバイルをクレカ不要でMNP弾にするなら、こんな手順になるぞ。

LINEモバイルでMNP弾を作る手順
  •  
    LINE PAYカード作成(無料)
     
  •  
    LINE PAYカードの支払い方法を口座振替に設定
     
  •  
    LINE PAYカードをオートチャージに設定
     
  •  
    LINEモバイルに申し込み、支払い方法をLINE PAYカードにする
スポンサーリンク

クレジットカード不要のMNP弾 まとめ

ここまで見てきたように、クレジットカードがなくても携帯乞食としての活動は充分に行えます。

乗り換え先の大手キャリアで契約する際も口座振替を選択することができますので、そこまで不便に感じることはないでしょう。

ただし、

  • au
  • ドコモ
  • ソフトバンク
  • ワイモバイル

以上のどの王手キャリアであっても、携帯乞食としての活動を続けていると「クレジットカード登録をしないと契約ができません」と言われてしまうこともあります。

ブラックリストに乗っていなくてもそういったことを契約時に言われることもありますので、可能な限りクレジットカードは持っておいたほうがいいでしょう。

携帯乞食が絶対に使うべき3つのクレジットカード
携帯の契約には必ずクレジットカードが必要です。 そこで今回は、携帯乞食が絶対に作っておきたい3つのクレジットカードを紹介します。 何も考えずに手持ちのカードを利用するだけでは非常に損をしますので、この機会に更に効率よくお金を増やすために...

コメント