断捨離で雑貨やインテリアを処分する基準3選!後悔しない方法とは?

「お部屋の雑貨やインテリアを断捨離しようと思うんだけど、どういう基準で処分を決めればいいの?」

いざ、お部屋の断捨離を行おうと思っても、インテリアや雑貨類ってなかなか捨てづらい物ばかりですよね( ̄_ ̄ i)

ずっと身近にあったものだからこそそれなりに愛着も湧いていますし、中々捨てられないと言う気持ちも充分に理解できます。

そこで今回はそんな人に覚えておいて欲しい、雑貨やインテリアを処分する3つの基準をご紹介したいと思います!

また、後半では、捨てた後に後悔しないための断捨離方法もご紹介していますので、併せて参考にしてみてください(^o^)/

オススメの参考記事!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

断捨離で雑貨やインテリアを処分する基準3選!

正直、雑貨やインテリアは、服や本などの断捨離よりも少し難易度が上がります。

難しい理由は、『春夏秋冬そこに有ることが目的のものだから』なのですが、インテリア雑貨は基本的に飾ることが目的であって、使うことが目的と言うことは少ないですよね^^;

つまり、ちょっと壊れたくらいであれば全く問題なくインテリア雑貨としての目的を果たせるわけで、なかなか処分に進めないんです・・・。

しかし、そう否定的になっても断捨離は一向に進みませんので、これから紹介する3つの基準を1つでも満たしていない場合には、処分を検討する方向で進めてみるのが良いでしょう!

断捨離で捨てる基準1 人に見せられるか

家に長年雑貨やインテリアを置いていると、知らず知らずのうちに自然と色々なところが傷んでくるものです。

何かを落とした際に傷が付いたり、日光によって変色してしまったりなどなど・・・。

日常の中にずっとあるものですのでマジマジと見ることは少ないと思いますが、

  • それは人に見せられるか?

と言う判断基準で、そのインテリアや雑貨を単体でよ~く観察してみると良いでしょう!

お部屋全体の中にある1つのアイテムとして見た場合と、その物単体で見た場合では、物の表情や見え方が全く異なりますΣ(゚ω゚)

人にマジマジと見られて恥ずかしいと感じるレベルの痛み具合であれば、処分してしまう方向で進めて問題ないでしょう。

スポンサーリンク

断捨離で捨てる基準2 お部屋に合っているか

断捨離を積極的に行うキレイ好きな人は、お部屋のインテリアスタイルも独自で確立されていることかと思います。

北米スタイルやモダンスタイル、アジアンテイスト調などなど、それぞれのお家に理想とするお部屋のテーマがあるはずです(^-^)

私の自宅のリビングはアンティークなロココ調で統一しているのですが、家族の趣味で置いているリラックマのぬいぐるみがとてもミスマッチですよね(笑)

我が家のリビング風景

普段からそこにあれば、それが当たり前になって気付かないかもしれませんが、どのようなお部屋を理想としているのかをもう一度見直し、

  • それはお部屋に合っているか?

と言う判断基準のもと、処分を検討してみると良いでしょう!

この時に、ついつい物の値段を考えて躊躇してしまう方も居るかと思いますが、断捨離を進めることで風水的な金運上昇効果も狙えますので、捨てることを後回しにしない努力も大切です。

「断捨離して運気が上がった!仕事が上手くいくようになった!」などといったサイトやブログなどをよく見かけます。 断捨離に本当にそんな...

断捨離で捨てる基準3 目の付く場所に置いてあるか

収納場所が多いお家はそれだけ物も片付けやすいので、整理整頓という面では非常に理想的ですが、何でもかんでも使わない物をクローゼットに入れていると言うことはありませんか?

断捨離は片付けがメインではなく、物を処分することで心身ともに豊かにしていく活動ですので、

  • 目に付く場所に置いてあるか?

と言うことを再確認し、タンスや物置にしまいこんでいる物がある場合には、まずはそちらの物から断捨離を進めてみるのがオススメです!

収納してしまっていると言うことは、無くても困らないものと言うことですので、片付けるではなく処分できないか考えてみると良いでしょうヾ(⌒▽⌒)

断捨離で後悔しない方法は?

断捨離を行うと、その時はスッキリとしてとっても気持ち良いのですが、後になって捨てたことを後悔してしまう人も少なくありません。

捨ててしまった物を取り返すことは現実的にも難しいですので、まずは、断捨離を進める前に後悔しないやり方やコツを知ることも大切です。

そんなことで断捨離を嫌いになってしまっては勿体無いですし、物を捨てると言う行為は今後も生活していく中で必ず必要な行いですので、今のうちにしっかりとした手順や考え方を身に着けておくと良いでしょう!

「断捨離に挑戦してみたいんだけど、物を捨てた後に後悔しないか心配・・・。」 今や断捨離は日本で広く知られる言葉となりましたが、正し...

スポンサーリンク

インテリア雑貨の断捨離 まとめ

いかがだったでしょうか?

雑貨屋さんやインテリア家具が好きな人は、ついついアレもコレもと欲しいものが膨らんでいきがちですが、後々不要となるものを買わないことも断捨離では大切です。

私もこのブログを通してより一層断捨離に取り組むようになりましたが、やはり物の少ない生活と言うのは良いものですね♪

周りからはミニマリストと言われることも少なくありませんが、断捨離を始めてから、生活に必要なものって本当に案外少ないと感じさせられました(*^_^*)

参考記事>断捨離とミニマリストの違い!捨て方を知ることで運気アップできる? 

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする