ソフトバンクのポケットWiFiのデメリット4選!無制限はウソ!

「ソフトバンクのスマホを使っているからポケットWiFiもソフトバンクで検討中。」

みなさんの中にも、このように考えている人はいませんか?

確かに、インターネットの固定回線であればその考えは間違いではありませんが、ことポケットWiFiにおいては、正直ソフトバンクのポケットWiFiを持つメリットは一切ありません

それどころかデメリットが目立つ内容となっていますので、まずはそちらを元販売員のわたしと一緒に見ていきましょう!

ソフトバンクのポケットWiFiのデメリット4選!

それでは早速、ソフトバンクのポケットWiFiの4つのデメリットを見ていきたいと思います!

なお、批判的な意見が多くなってしまいますが、私は決して【アンチSoftBank】ということはありません!

あくまで元販売員目線で見た客観的な意見ですので、偏見のないないものをお伝えしています。

デメリット1 通信量が増えない

ポケットWiFiを契約しようと考えている人の中には、「使える通信量を増やしたいから」という人も少なくないことでしょう。

確かに、ポケットWiFiを持てば使えるデータ量が増えるイメージがありますが、実際には1GBも増えません!

何故なら、ソフトバンクのポケットWiFiは【スマホとデータ容量をシェアする】という仕組みになっているためです。

これなら、わざわざポケットWiFiを持つメリットはありませんよね。

単純にポケットWiFiの維持費が増えるだけなので、金銭面で見ても損しかありません!

一応、オススメではないですがスマホとデータ容量をシェアしない、ポケットWiFiを単独で持つ契約方法もあります。

ただし!単独で持てば通信量が増えるのですが、それならスマホのプラン変更をしたほうが安いんですよね・・・。

詳しく知りたい方は『ソフトバンクのポケットWiFiの料金はいくら?スマホのプラン変更とどっちがお得?』をご覧ください。

⇒カード

タブレットやパソコンを外で使うときには便利じゃないの?

使えるギガ数が増えなかったとしても、外でWiFi環境が手に入るのであれば持つ価値があるように感じますが、実際にはそれはスマホのテザリング機能で解決します。

テザリングって・・?

テザリングはスマートフォンにポケットWiFiの機能を持たせるサービスのこと!

この機能を使えば、ポケットWiFiを契約しなくても外でタブレットやパソコンが使えるようになります!

ソフトバンクスマホであれば、このテザリング機能を月額500円で利用することが可能ですので、ポケットWiFiを追加で契約する必要はないと言えます。

ちなみに、ソフトバンクのポケットWiFiの金額はスマホとセットで1,900円/月。やはりテザリングを利用したほうが良いですよね。

デメリット2 使い放題でも無制限でもない

ポケットWiFiをスマホと容量を分け合わない『単独契約』で持てば、利用できる通信量が増えるのは先にお伝えしたとおりです。

そのプランの名前は【4G/LTEデータし放題フラット】という名前となっており、まるで無制限に通信が可能なように感じますが、実は使える通信量は7GBまでと決まっています!

何故このような誤認を生むサービス名にしたのかは不明ですが、「データし放題」となっているものの、決して使い放題ではありませんので注意が必要です。

使い放題のポケットWiFiを探している人は、『速度制限なしのポケットWiFiを徹底比較!1番のおすすめはコレ!』を参考にしてください。

⇒ブログカード

デメリット3 通信制限時のスピードが超遅い

先にお伝えしたとおり、ソフトバンクのポケットWiFiで使える容量は、

  • 単独契約:7GBまで
     または
  • スマホとセット:スマホの契約容量の範囲内

となっていますが、どちらの場合であっても、利用できるデータ量を超えてしまうと通信速度が遅くなる【速度制限】がかかってしまいます。

これはソフトバンクに限った話ではないので、みなさんも1度くらいは速度制限を経験したことがあるのではないでしょうか?

動画はおろか、通常のネットページも読み込めない遅さは、使っていてイライラしますよね。この時のスピードは128kbpsという通信速度です。

実はこれ、他社の場合のポケットWiFiだと1MBの速度となっており、通信規制時でもYoutube動画を楽しめたりするんです

1Mbpsは128kbpsの約8倍の通信速度なので、そう考えるとソフトバンクのポケットWiFiはもったいないですよね・・・。

試しにUQモバイルのポケットWiFiと比較すると、こんなにも差があるんです!(通常時の速度も違います)

  UQmobile
(機種:W05)

ソフトバンク
(機種:601HW)

通常時の通信速度 最大758Mbps 最大612Mbps
通信制限時の通信速度 1Mbps 128kbps
月間データ量 無制限 7GBまで
低速になる条件 直近3日で10GB以上の使用 契約容量以上の使用

UQモバイルなら低速になっても繋がらないということはなさそうですね。

UQモバイルのポケットWiFiについて更に詳しく知りたい人は、こちらの『』をご覧ください。

⇒カード

デメリット4 解約期間と分割期間が合わない

ソフトバンクのポケットWiFiの端末代金は、実質0円となっています。

これだけ聞くととってもお得に感じてしまいますが、実質0円ですので、途中で解約すると残りの端末代金を払わないといけない仕組みです。

(最新機種601HWで計算) 新規契約 機種変更
機種代金36回払い 月々1,180円x36ヶ月(42,480円)
※途中で解約しても払わないといけない
割引36回 月々1,180円x36ヶ月(42,480円)
※途中で解約すると残りの割引は消滅
実質負担金額 0円

途中解約すると実質0円でなくなるのは、他社のキャリアでもよくあることなのですが、問題は【機種代金を36回払い】にする必要があるということです。

よく思い出してほしいのですが、スマホやポケットWiFiの契約には【契約期間】というものがありますよね。

そう!いわゆる2年縛りというやつです!

契約期間が2年、でも端末の分割期間は3年・・・こうなると、辞めるタイミングがズレてきちゃうんですよね。

結論としては、『端末の分割金』『解約違約金』も払わずに解約できるタイミングは最短でも4年目となっています

辞められるタイミングは短ければ短いほどユーザーにとってメリットがあるので、4年間も辞められないのは厳しいですよね。

ソフトバンクユーザーにおすすめのポケットWiFiはコレ!

以上のデメリットを考えた上で、結局ソフトバンクユーザーはどこのポケットWiFiを持つのが1番お得なのかと言うと、先程も登場したUQモバイルがベストな選択です

月間データ使用量は無制限なので、見たい動画を我慢して使う必要もありませんし、なにより月額料金もとっても安くなっています。(申し込み先はGMOとくとくBBで計算)

UQモバイルのポケットWiFi料金(税別)

プラン名 ギガ放題
データ容量 無制限
低速になる条件 直近3日で10GB以上の利用
低速時の通信速度 1Mbsp
平均月額料金
1ヶ月~2ヶ月:3,609円
3ヶ月~24ヶ月:4,263円
4,209円
機種代金 0円
キャッシュバック 31,400円
2年間の維持費 69,616円
1ヶ月あたりの実質月額料金 2,901円

(キャッシュバックを月々料金に充当)

いかがでしょうか?

月間データ量が無制限のポケットWiFiを、3,000円を切る値段で持てるならかなり安いですよね!

しかも!いまなら【当ブログからのお申込み限定で機種代金も0円になっています

ソフトバンクのように実質0円ではなく、一括0円なのでいつ辞めても分割金は残りません!(最短で2年のタイミングで、解約金も分割金も払わずに辞められます)

注意店頭や他のサイトからの申し込みだと端末代金がかかります!

このキャンペーンはいつまで続くか分かりませんので、ぜひお得な今のうちに申し込みを済ませてしまいましょう!

\機種代金0円の申込先はコチラ/

UQモバイルのポケットWiFiは完全に無制限なの?

慎重な人であれば、本当に無制限でこの金額で使えるのか不安になっているかもしれませんね。

結論からお伝えすると、完全に無制限で使えるというわけではありません

【直近3日間で10GBまで】という制限がありますので、それを超えてしまうと速度制限がかかってしまいます。

ただし、3日で10GBということは1ヶ月に100GB以上も使える計算になりますので、よほどのヘビーユーザーでもない限り充分に足りるはず。

もしも速度制限にかかったとしても、1Mbpsのスピードで通信が可能なのでスマホの速度制限のようにストレスがかかることもありません!

慎重なのも大切ですが、チャンスを逃して損をしては意味がありませんので、落とし所はシッカリと判断することをオススメします!

\申し込みは今がチャンス/

「それでも不安!」という人は、20日以内のキャンセル対応を見てから申し込むと良いでしょう。(お申込みはコチラ

記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする