iPhoneをDFUモードにするやり方と解除方法!リカバリーモードとの違いとは?

「iPhoneをDFUモードにしたいんだけどやり方が分からない!どうすればDFUモードに入れるの?」

脱獄やファームウェアのダウングレードの際に利用するDFUモード。訳あってこちらのモードに入りたいと言う方も少なくないことでしょう。

今回は、そんなDFUモードへの入り方と解除方法をご紹介していこうかと思います。やり方自体はとっても簡単ですので、是非覚えておくと良いでしょう!

※似たようなモードにリカバリーモードと言うものがありますが、そちらとDFUモードは全く別物です。誤認のないようご注意ください。(違いは後述しています)

今回は主にiPhoneの復元の際に利用する、リカバリーモードについてご紹介していきたいと思います。 私も初めてiPhoneを持った...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

iPhoneをDFUモードにするやり方は?

それでは早速、iPhoneをDFUモードにするやり方を見ていきましょう!

尚、AppleのiOS端末であれば、iPadもiPod touchも同じ手順でDFUモードに移行することが可能です^^

DFUモードの入り方!iPhone8/X/7/7+

iPhone7以降のモデルをお使いの方は、こちらの手順でDFUモードを起動してください。

使用するボタンは電源ボタンと音量を下げるボタンの2つだけです。

DFUモードへ入る手順!

  1. iPhoneをPCに接続する
  2. iTunesを起動する
  3. iPhoneの電源をオフにする
  4. 電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に約10秒間押し続ける
  5. 電源ボタンから指を離し、音量を下げるボタンだけを押し続ける

以上の作業を続けると、最後の音量を下げるボタンを押し続けている段階で、このようなポップアップがiTunesに表示されるはずです。

その際、iPhoneの画面が真っ暗な状態であればDFUモードの起動は成功です!

逆にアップルのロゴが出たり、iTunesのマークが出ている状態だとリカバリーモードになってしまっているので失敗です。失敗例↓

こういう場合は、もう一度最初からやり直してみましょう。

スポンサーリンク

DFUモードの入り方!iPhone 6s以前のモデル、iPad、iPod touch

iPhone6s以前のモデルをお使いの方は、こちらの手順でDFUモードを起動してください。

使用するボタンは電源ボタンホームボタンの2つだけです。

DFUモードへ入る手順!

  1. iPhoneをPCに接続する
  2. iTunesを起動する
  3. iPhoneの電源をオフにする
  4. 電源ボタンとホームボタンを同時に約10秒間押し続ける
  5. 電源ボタンから指を離し、ホームボタンだけを押し続ける

以上の作業を続けると、最後のホームボタンを押し続けている段階で、このようなポップアップがiTunesに表示されるはずです。

その際、iPhoneの画面が真っ暗な状態であればDFUモードの起動は成功です!

逆にアップルのロゴが出たり、iTunesのマークが出ている状態だとリカバリーモードになってしまっているので失敗です。失敗例↓

こういう場合は、もう一度最初からやり直してみましょう。

DFUモードに入れない場合の失敗原因は?

何度上記の手順を試してもDFUモードに入れない場合、何か別の問題が発生しているのかも知れません。

失敗の原因はいくつか考えられますので、ひとつずつチェックしてみてください。

DFUモードが起動しない原因1 iTunesのバージョンが古い

最も失敗の原因に多いのが、iTunesのバージョンが最新ではないことです。

古いバージョンのiTunesを使っていると、うまくDFUモードが起動しない可能性がありますので、iTunesは必ず最新バージョンにアップデートしましょう。

アップデートは「ヘルプ>更新プログラムを確認」から行えます。

DFUモードが起動しない原因2 非純正のケーブルを使っている

純正のケーブルが断線してしまったなどの理由で、純正ではないケーブルを使っている人は、それが失敗の原因になっているのかも知れません。

純正のLightningケーブルでなければ、DFUモード以外の接続の際にも色々不都合が生じることが多いですので、なるべく純正ケーブルを使用するようにしましょう。

ただ、補強のされていない純正ケーブルは確かに断線しやすいですので、可能であれば断線に強いケーブルを普段使いにし、データのやり取りの際にだけ純正ケーブルを使うようにすると良いと思います。

スポンサーリンク

DFUモードが起動しない原因3 ボタンが故障している

DFUモードを起動するためには各ボタンの操作が必要ですが、それらのボタンが壊れていると言うことはありませんか?

押せない、反応しない、などの状態だとDFUモードには入れません。

残念なことにDFUモードに入るには上記の手順しかありませんので、どうしてもDFUモードに入りたい場合は修理が必要になるでしょう。

ちなみに、ボタン修理にかかる費用は一箇所8,000円ほどが相場となっています。

スポンサーリンク

iPhoneのDFUモードを解除するには?

DFUモードを終了させる方法は非常に簡単で、数秒あれば完了してしまいます。

  1. ホームボタンと電源ボタンを同時に長押しする
  2. リンゴマークが表示されたらボタンを離す

たったこれだけの作業で解除が可能です。簡単ですよね^^

何度上記手順を試してもループして解除できないという人は、バッテリーが完全に放電するまで放置するか、専用のフリーソフトなどを使用すると良いと思います。

アップグレードしたiOSに不具合があると言うことも決して珍しいことではありませんので、OSのダウングレードなどを行いたい場合には、一度DFUモードで実践してみると良いでしょう。

DFUモードとリカバリーモードの違いとは?

よくDFUモードとリカバリーモードを混同する人がいますが、正確には全く別の状態です。

※ここからは分かりやすさ優先で、かなり噛み砕いて説明してきます。語弊がある部分もありますがご了承ください。

iPhoneにはソフトウェアのiOSとハードウェアの間にiBootと言う、PCで言うところのBIOSのようなソフトが存在するのですが、そのiBootの影響を受けるのがリカバリーモード、iBootの影響を受けないのがDFUモードとなります。

例えば、リカバリーモードだとiBootによって制限を受けて実行できない、「脱獄」「SIMロック解除」「ファームウェアのダウングレード」などの作業がDFUモードだと実行できます。

会社で例えるなら、リカバリーモードは専務指示、DFUモードは社長指示と言うような感じです。持っている権限が広いと考えていただければ分かりやすいでしょう。

iBootについて話し出すとキリがないのでこの変で切りますが、気になる方は個々に調べてみると新しい発見があると思いますよ^^

当ブログではこちらの記事も人気です!

国内スマホユーザーの9割以上が使用していると言われるラインアプリ。 家族や友達との連絡はもちろんのこと、社内連絡や取引先とのやり取...
「iPhoneを遠隔操作したいんだけど、スマホやPCから操作可能なアプリってある?」 iPhoneを遠隔操作したい理由は人ぞれぞれ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
記事下関連コンテンツユニット

シェアする

フォローする